能登には「いしり」の食文化があります。
昔は恒常的にイワシやイカの豊漁が続いた結果生まれて
継続されてきたのでしょう。

ib49.jpg

私の生まれ故郷には港にイワシの缶詰工場まであったと
言いますからどれだけの水揚げがあったのかと想像すら
できません。

しかし、物心ついた頃にはもう工場は跡形も無くなっていました。
イワシの減退期を迎えて早々と撤退したのでしょう。
それかあらぬか生まれ故郷では「いしり」といえばその材料は
「イカ」でした。

イカが激減した今でもそれは継続されています。
能登半島の反対側は「外浦」と呼ばれますが富山湾側でなく
日本海に直接面した輪島地方ではイワシやサバで作られています。

もっとも、輪島や門前では各家庭や飲食店などで独自に
作られているケースが多く、驚かされます。
材料は様々で魚種は問われません。

小魚なら何でもござれと言った風でさらに驚かされます。
「海から上げたばかりの小魚を洗わないで塩をまぶすだけ」と
事も無げに語るのを聞いてまた唖然とします。

何年か常温で保存して漉し、砂糖少々を加えて加熱。
それだけだというのです。
魚は跡形も無く溶けて目玉だけが残るそうです。

そんな手作りの「いしり」をご当地ではホタテの貝殻に
イカやきのこを乗せ火にかけて「いしり」で煮上げる”貝殻焼き”
新鮮な魚を「いしり」で味付けして干した”いしり味の干物”
”いしり味の漬物”などに活用されて能登の味と高評価を受けています。

私も富山のハタハタを塩漬けにしたものをビンで保存していますが
常温保存にビビってしまい冷蔵庫でしたばかりに発酵がいつまで
たっても進まずどうやら完成するのかすらも怪しい状態となっています。

そこで今回は既製品の「イカのいしり」で”ナス鍋”にトライしました。
材料はいたって簡単「いしり」と茄子だけです。

平鍋に「いしり」を少々入れ薄く切った茄子を入れて煮るだけ。
ib48.jpg

勿論卓上で煮ながら食べてもOK.

ib44.jpg

煮詰まって塩辛くなったら適宜水を加えて調整すればいつまでも
美味しく食べられます。

メーカーによっても塩分濃度は若干異なりますから
あくまでも自分好みで調節しましょう。

ib43.jpg

お酒のアテにもご飯のお供にもぴったりな一品です。
ib42.jpg

夏の盛りには「鍋」と聞いただけでも拒否感がありますが
秋風が立ち始めた頃に秋茄子でやるとまたひとしお。

ib41.jpg


なお戦後全国的に大ひんしゅくを買った「芋のツル」ですが
能登では今でも盛んに食べられています。
その一因がこちら

ib47.jpg

実は芋のツルは「いしり」と非常に相性がよろしいのです。
柔らかく茹でてお浸しにし、「いしり」をかけて
また煮物には隠し味程度に垂らすだけでとても美味しくなってくれるのです。

戦後に芋のツルの正しい食べ方を知らないで食べた方が
その恨みを未だに抱き続けているのが滑稽な程の美味しさです。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1460-0cc286e1