FC2ブログ
「はないかだ」という言葉は二種類あり、
一つは花筏というもので桜の花びらがまとまって川面を流れる
様を言い
もうひとつが今回の主役、山菜の「ハナイカダ」です。

山菜には形が似ていても間違えやすいものなどがあり、
甚だしいのになるとニリンソウとトリカブトなど
美味しいものと劇毒草が同居したコロニーなんて事もあります。

その点ハナイカダはその特異なカタチ
葉の上に花が咲く
gb2.jpg

こんなのは他に例がなく間違える心配は絶無という嬉しいシロモノなのです。

食べごろは枝先に葉が展開し始めた頃から花が終わるころまで
お浸し、や和え物、天ぷらと美味しいのですが
硬くなったらもう時期は終わりです。

お勧めは何と言っても「菜飯」ざっくり刻んで塩もみし、
熱々の炊きたてご飯に混ぜて食べる春の御馳走です。
gb9.jpg

秋田ではこのハナイカダの事を「ままこ」と呼ぶそうですが
そこからハナイカダの菜飯は「ままこ飯」と呼ばれます。

おおきな株いっぱいに葉が展開し、盛大に花が咲き誇る姿を
見るとなるほどまるでご飯粒を撒き散らしたように見えますから
gb3.jpg

ままこ(ご飯)という名は言い得て妙です。
hq71.jpg hq74.jpg

この可愛い姿は食べるだけではもったいない
というわけで生け花にもなります。
葉の上に一個だけ咲くのは雌花、
hf101.jpg

沢山咲くのは雄花。
hq73.jpg


普通茶花として茶室で活けられるのは一日花が多いのですが
ハナイカダは花もちが良くかなり長く楽しめます。
ib5.jpg

ib4.jpg

また、
山菜好きが高じてお庭に植える方もおられます。
コゴミゼンマイやギボウシなど草類をはじめ
コシアブラのような木類まで販売されていますから楽しめる
のでしょうが、

気を付けていただきたいのがコシアブラです。
これはほおっておくと高さが20メートルにもなる
巨木なのです。
庭植にはあまり適しません。

その点ハナイカダはせいぜいアジサイ程度の
こんもりとした樹形にしかなりません。
庭植には適しています。

雄株、雌株一株づつ植えて置けば山菜として
食べる事が出来て、生け花としても楽しめ
更に、珍しいから話も弾み
最後に結実の愉しみまで待っています。

雌花が受粉すると結実するのです。
最初にひとつ花が青くなり
hf100.jpg

夏ごろには赤く色づきます。

そして最後には黒くなります。
この段階で食用になります。
私はいまだに味わっていませんが
いつか美味しいとされる黒い実を味わってみたいものです。
ib3.jpg

ib2.jpg

茶花では結実したものも活けられます。
機会があれば大きな株いっぱいに展開した葉の上に
赤い実、黒い実のなった姿を見てみたいものです。

沢山の花をつけてくれた雄株は花期が終われば
葉しか残りませんが雌株がいつまでも楽しませてくれそうですね。

ちなみに、山菜として食べる時の注意点を書いて置きましょう。
一枝の先端に葉が展開する種類の例にたがわず
それをごっそり丸ごと摘んでしまうとその一枝は枯死してしまいます。
大株でないのならそんな気楽な摘み方は慎みましょう。

葉が展開すると沢山の葉がつきます。
面倒がらずに一枚づつ採取するのがコツです。
hq58.jpg


ハナイカダ
なかなか面白い山菜です。
昨年の記事






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1455-0fc18189