北寄貝を仕入れてきました。
hq38.jpg

美味しいダシをラーメン用に備蓄するのが第一目標ですが、
第二目標はコミックに出ていた「花びらご飯」を作ることです。

かつて料理関係のコミックといえばあり得ない荒唐無稽な
ものが多かったのですがプロが原作や監修についたものは
高価なだけで中身のない料理本などより余程参考になります。

hq33.jpg

その「築地魚河岸三代目」に載っていた北寄飯の作り方を
交えてご紹介しましょう。

北寄貝は大型の貝で持ち重りがします。
hq34.jpg


水管を貝の横から出して呼吸していて
見た目はだらしなく、何だかバカっぽく見えますが元気に
呼吸しているものほど鮮度がよろしいのです。

この水管のおかげで貝に穴が開いています。
そこからナイフを貝の内側に添わせて貝柱を切ります。
hq37]]

次にそのまま反対側の柱も切ります。
hq35.jpg


すると簡単に開きます。
hq27.jpg

残った下側の貝柱も同じようにカットして
身を外します。
hq24.jpg


ヒモと柱、水管を外して身だけにします。
hq26.jpg

半分に切り開いて中を除去し、黒い部分があれば包丁で
しごいて水洗いします。
hq25.jpg


水に昆布とヒモ、貝柱を入れて沸かします。

掃除した上身をザルに入れて湯通しします。
色が赤くなったらOK.
hq31.jpg

長く茹でると硬くなりますからご用心。

ダシに味をつけお好みでタケノコ、人参、揚げなどを加え
hq28.jpg

炊き込みご飯にします。
hq23.jpg

スイッチが切れたところで上身をさっと中に投入して蒸らします。
hq22.jpg


完成です。

上身はふわふわでとても美味しい出来上がりでした。
いいダシが利いた炊き込みご飯です。

備蓄ダシをラーメンに使う時が楽しみです。
こちらは一足お先にダシのつまみ食いならぬ味見の
北寄蕎麦
hq21.jpg
ダシの確認ができました。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1428-e6bacfa2