hp56.jpg

毎年開催されている「アースデイとやま」が今年も
ファミリーパークの無料エリアで5月21日日曜日に開かれます。

今年のテーマは
「里山が生きる、人が活きる」

私も加入している「みどり共同購入会」の皆さんが
実行委員会を務めておられます。

毎回、日曜日なので参加したことはありませんが、
今年は気になるゲストがいるので覗いてみたいですね。

メイントークに
千松 信也さん
この方は京都大学在学中に狩猟免許を取得し、
ワナ猟や網猟を身につけ生活の一部として狩猟を続けてらっしゃいます。
『ぼくは猟師になった』
『けもの道の歩き方』  を出版。
狩猟を通して見つめた千松さんの自然観、日本の里山の風景
などが全国で反響を呼んでいる。

そんな方が何を話してくれるのかとても興味深いですね。

そしてリレートークとして
話をつなぐ方々が7人登場するそうです。
様々な活動を実践していらっしゃる錚々たる顔ぶれの中に
なんと
「石黒木太郎」さんの名前が!
大長谷ハンターズジビエ代表

hp71.jpg


面白そうです
行ってみたいし、聞きたいけど日曜日だと無理かな?

28日の火曜日にも大長谷へ行ってきました。
雪も随分溶けて少なくなりました。
hp65.jpg


木太郎さんが雪の上にイノシシの足跡と
シカの足跡を指で押し込んで見せてくれた自宅前の空き地には
フキノトウが顔を出していました。

hp57.jpg

2mもの雪が積もっていた交流センターもすっかり春の屋根。
hp64.jpg hp63.jpg hp62.jpg

山も雪が無くなってきてそろそろイノシシの猟期も終わり。
この日は本業の瓦屋さんの仕事に出かけて留守

代わりに美人の奥さんが対応してくれました。

hp61.jpg hp60.jpg hp59.jpg

谷も山も雪が無くなりいよいよ雪深い大長谷にも春が訪れ
木太郎さんの周辺もざわざわと忙しくなりそうな予感がします。
どうか、支援の輪が大きく広がるようにと祈ります。

hp58.jpg




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1418-6ef8318e