雪の少なかった冬も過ぎあっという間に春が来ました。
今年もまた桜が咲きます。
hp72.jpg

こうして桜を愛でる事ができるなんて素晴らしい事なんです。
hp74.jpg hp73.jpg


数年前の能登地震の時には桜が咲かなかったと言います。
春に桜が咲くということは当たり前じゃないんだということを
知ってからは花見の出来る幸せを痛感して桜のラーメンを
作ることにしています。

またか  なんて言わないでどうぞご賞味ください。

とはいえ毎年同じことを繰り返すのは退屈なので
今年は鯛の焼き干しを作りWスープと致します。
用意するのはもちろんサクラダイ。
hp51.jpg

からりと焼き上げて干しました。
hp50.jpg

さらに
今回は貝のダシも加えて作ります。
強いスープになりますが、懸念が一点。
前回のカニと並んで貝類もアレルゲンとなるからです。
アレルギー症状のある方は必ずお申し出ください。

春は貝類の美味しい季節
ホタテ、ハマグリ、アオヤギ、シロガイ・・
市場には目移りするほど沢山並んでいます。
ふんだんに使える幸せ。

おかげでとても力強いスープになりました。
具には春らしく
菜の花、ホタルイカも昆布締めにして乗せます。
hp66.jpg

最後に桜の花も添えて春の香をお楽しみください。

hp85.jpg


でもやっぱり肉が無いと寂しいですよね。
今回は牛肉の低温調理したものをご用意しました。
別皿でお出しします。

hp81.jpg

低温調理した牛肉を桜の葉に乗せて昆布締めにしてあります。
生肉ではありません。

hp67.jpg

hp78.jpg

スープに乗せないでそのまま食べたい方は
山わさびを付けてお召し上がりください。
hp77.jpg

もちろんスープに浸しても結構
国産牛の良質な牛脂は味を壊しません。

hp76.jpg hp75.jpg
 

「鯛味噌」も添えます。
お茶漬けにもなるくらいですから、当然ラーメンにも
よく合います。

hp79.jpg

今年もまたこのセリフを言いましょう
味噌は塩です
マッチしながら緩やかに変化を与えてくれ、

レモンは味を重ねた末の最後の引き算となり
後口をすっきりとさせてくれます。

4/6(木)より約2週間の予定でスタート

hp86.jpg

期間限定 「桜の塩ラーメン」  900円
土日祝を除く平日のみ、  昼夜OK
麵の追加一玉  200円

hp88.jpg











スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1413-42c6f375