2017.02.24 狩猟の話ー3
ho90.jpg


ho91.jpg

大長谷ハンターズジビエにお邪魔すると
大抵何頭かの獲物がぶら下げられています。
壁には鹿の角が掛けられていたりします。

でも決して生々しくて嫌だなどとは感じません。
いわば肉屋さんに普通に肉が並んでいる光景
魚屋さんに様々な魚が並んでいる光景
すっぽん料理店に普通にすっぽんの甲羅が飾ってあるのと
同じくらい自然な光景なのです。

頼んでようやく念願のイノシシのガラを分けてもらえました。
肉だけなら地方発送などで入手できるルートはありますが
ガラとなるとなかなかそうはいきません。
有り難い事です。

ちなみに
「イノシシは足が短いから多雪地域には生存できない」
だから
「太平洋側や西日本には沢山いるが雪国にはいないんだ」
と聞いたことはありませんか?

今までそれが通説のように語られてきました。
ところが古い文献によると
ずっとずっと昔は最北端の下北半島にまでイノシシはいたそうです。

なにかの病気が蔓延して一時は絶滅したらしいとの事。
今の青森県の長老に聞いても
「知らない、聞いたことも無い」と答えるそうなので相当過去の
事なのだろう  という話です。

木太郎さんに
「イノシシは雪中を移動するのか?」と尋ねると
「普通に移動してます」と即答

鼻で雪を左右にはね上げてブルドーザーのように移動するそうです。
そうなるとヒトがかんじきを履いて追いかけても
間に合わないスピードなのだとか。

やはり現場で聞く話はリアルですね。

ただ新雪が一晩で50cmも積もるような時には流石に
出て来ないそうです。


何はともあれ
イノシシ肉とガラが手に入るようになりました。
来月はこれで面白いラーメンが出来そうです。
どうぞ御期待ください

なお
プロアマ問わず手軽にイノシシやシカ肉が入手でき
ジビエにトライ出来るようになりました。

それでもまだ獣肉は臭いとか思う方々のためにもう一言
木太郎さんから聞いた話を記しておきましょう。

イノシシ肉が臭いのは「サカリ(発情期)」の時期だけです。
しかもそれは獣臭いのではなくまるで整髪料のような
若干石油系のような匂いで捌くとすぐに判る匂いなのだとか

しかも強いオスだけがそうなのであって
弱いオスにはその匂いが無いのだそうです。

ですから臭い肉が販売されることはありません。
ただし、雑食系のイノシシには臭みは皆無ですが
草食系のシカ肉はほんの少しマトンのような匂いが
あると言います。

それとてレシピの工夫でクリアーできるはずです。
貴重な機会なので勉強するつもりでひとブロック求めてまいりました。

さて、これで何を作りましょうか?
愉しみです。

ho98.jpg ho97.jpg




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1410-afd94d9e