hp20.jpg

「大長谷ハンターズジビエ」の石黒木太郎さんのおかげで
イノシシ肉が安定して入手できるようになり
続いてイノシシの骨も入手できるようになりました。
これでイノシシスープを引きます。

妙な臭みや癖がなくそのくせ力強いダシは流石に野生獣です。
パワーがもらえそうな感じがします。
実際、ハンターの皆さんはこれで体力と英気を養うと言います。

そう、確かに元気の出る食材です。
これがジビエなんですね。
単なる珍しい食味とは次元を異にしているんです。

加える具材には春に塩漬けしておいたシシウドなどの塩蔵山菜
を下味をつけて合わせました。

春にはとても食べられないほどだった苦かったシシウドが
すっかりアク抜けて歯ごたえの良い
美味しい山菜へと衣替えをしています。
お店で出すのは初公開です。


秋田のマタギは「これと山の鳥の煮たものが一番好きだ」と
言ったそうです。
富山ではまだなじみのない山菜をご賞味ください。

シシウド、アザミ、イタドリ、シャク、ワラビなどなど
hp5.jpg hp4.jpg hp3.jpg

馴染みのあるものや無い物色々あるでしょうが
私は美味しければ何でも収穫します。
hp2.jpg hp1.jpg
美味しい山菜を取り合わせるともっと美味しくなるんです。
基準は旨いか、そうでないか  だけ。

イノシシスープ、肉、山菜それらをまとめるのに自家製の
キムチを誂えて合わせます。
力強い役者を強引にまとめ上げてくれます。  力技です。

でも、今回のメニューの特選素材はこれらじゃありません
次です。
能登のコンニャク
hp6.jpg

コンニャク芋を生産している方自ら作る手作りコンニャクです。
はっきり言って絶品です。

絶品コンニャクと聞くとたいていの方はしっかりとした歯ごたえ
を想像されるかもしれません。
これは見事にそんな予想を裏切ります。

硬く仕上げるか、柔らかく仕上げるかは製造工程で決まる
との事ですがこれはふわりとした食感です。
その断面はまるで軽石のように穴が沢山空いていて
ここに美味しいダシが染み込むんです。
hp7.jpg


噛むとその無数の穴から美味しいダシがジワリと滲み出します。
例えて言うなら
中国料理の高級料理で用いられる干しナマコの戻した
海参(ナマコ  ハイセン)料理
それの食感に近い丸くて柔らかくて微かな歯ごたえ
噛むと中からダシが染み出す

そんな絶品のコンニャクです。

イノシシスープと定番スープを割って具を煮込み
溶き卵を落として仕上げ、極太麺にかけて

山賊ラーメン (山の恵み)
一度食べれば10年は語れます。
是非この機会にご賞味ください。

hp17.jpg

小鉢には丸芋のトロロと鶏味噌をご用意しました。
トロロをラーメンに加える事でさらに元気がつきます。
hp9.jpg

鶏味噌にはたっぷりの雪の下ネギが入っていますので
旨みとコクが加算されます。
hp8.jpg


でもこれらは言うまでもなくご飯のお供としてもバッチリ
味噌はそのままでもご飯に合いますが
トロロには味が入っておりません。

ご飯に掛けたい方はお声を掛けていただければ
畑醸造生醤油をお出しします。
遠慮なくお申し付けください。
hp14.jpg hp13.jpg hp12.jpg


hp11.jpg hp18.jpg


期間限定  「山賊ラーメン」  850円
土日祝を除く平日のみ、 昼夜OK
麵の追加一玉  200円

3/1(水)より2週間の予定で登場。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1405-aab68044