期間限定メニューの再開。

準定番の 「排骨麵  パイコーメン」 の出番です。
ご承知の通り本来は豚肉で行うべきメニューを普段はあえて
800円でご提供したいがために「能登健康鶏のもも肉」で
誂えております。

たまには本来に立ち返ろうと今回は豚の肩ロース肉で
ご用意しました、当然富山産です。
しかし、良質であることはそれ相応の仕入れ価格となる訳で
誠に申し訳ございませんが「900円」でのご提供とさせていただきます。

その代わりといっては何ですが
目いっぱい手を掛けたものに仕立てました。

まず、肉の仕込み。
これは既に”家で作ろう無添加ラーメン”シリーズで公開して
いる通り通常はカレー粉が隠し味となります。

今回は隠さない下味、  と言う訳でインド料理の
”タンドリーチキン”の技法によりスパイスを直接下味に
揉みこんで仕込みました。
ho41.jpg

ho36.jpg

肩ロース肉はもちろん柔らかいのですがこの技法により
さらにしっとりと不思議な食感になり
はっきりとスパイス香る出来上がりです。

ho34.jpg


またそれをより一層引き立たせるため
スープは生醤油を使った薄色仕立てです。
小矢部の畑醸造さんの火入れしていないしぼりたて
「なま醤油」がそれを受け止めてくれます。

麺はこれ用に中細。
ho35.jpg

ネギは冬の引き締まった食感と甘味を活かすために
斜め切り。

次に
「味プラス」のご紹介をしましょう。
自家製の柚子胡椒です。
青唐辛子と、赤唐辛子、それに完熟の柚子。
ho50.jpg  ho49.jpg
それをすり潰して作るとこんな色になります。

ho39.jpg

これをほんの小量溶き入れるだけで実に爽やかな
香りと辛味が立ちます。

今回はここにもう一品ご用意しました。
自家製「キムチ」です。
ho38.jpg


キムチを無添加で自家製すると
甘味、酸味、辛味、鹹み、旨みと五味の調和のとれた
ものになります。
ho44.jpg


業務用の化学調味料で整えた味とは異なり
その五味を成立させるためにあらゆる野菜、魚介の塩辛
エビ、魚卵などを加える為です。

そのおかげで鍋物やスープに加えると色々な味がほどけ出し
複雑な味わいへと変化させてくれるのです。
今回は13種の食材を使用して仕込みました。

でも、
これはぜひ、途中で足していただきたいのです。
最初から加えるとスープの味もカレー風味もかすみます。

途中で加えるからこその面白さなのです。

でも、
スープに入れるのがお嫌いな方はご飯のお供としても
もちろん結構ですし、
スープにもご飯にも入れたいから「足りない!」という方には
お代わりもお出しします。

どうぞご遠慮なくお申し出ください。
冬の美味しい白菜の時期しか作らない自慢のキムチです。
(私は日本人ですが自作のキムチなら大好物です)
ただ辛いだけじゃつまらない、
辛さの中に様々な旨みがあってこその美味しさです。

柚子胡椒とキムチ
この二つの優しい辛味と香気があっさりとしたスープを
変容させる様子をお楽しみください。

ho37.jpg


無添加であってもボリュームのあるスープは
麺の追加にもお応え出来ます。

期間限定 1/11(水)よりスタート
「ロース肉の排骨麺」  900円
土日祝を除く平日のみ、 昼夜OK
麵追加  一玉  200円

用意したロース肉が無くなり次第終了致します。

ho40.jpg








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1397-e1a64c64