2016.11.24 鮭味噌発売
富山湾に鮭が帰ってきました。

ho17.jpg

母なる大河の匂いを忘れずに帰って来る健気な奴です。
言わば育てる漁業のハシリといったところでしょうか。

御覧の通りくっきりと婚姻色が出ていますが
かえって余分な脂が抜けてその分、本来は白身だと
言われるとおりの味わいが強く出ています。

おかげで漁の少ない年でも随分と関係者を
潤してくれる有り難い魚です。
アイヌの方々はこれを神の使いとして重宝し
塩引き、乾燥、など冬に向けての貴重な保存食としました。

その活用ぶりは徹底しており丈夫な皮は靴にまで加工した
というから驚かされます。

ちなみに、
形の良く似たマスは皮が柔らかいので加工はされず
そのまま食用になったと思われます。

私も鮭は色々加工します。
塩引き、トバ、それに今回は「鮭味噌」を新たに仕込みました。

いったん薄塩を当て、焼きほぐしフレーク状にします。
ネギの焼き味噌を作り、水あめなどで味を整えて鮭と合わせます。

ご飯のお供にぴったりのなめ味噌となってくれました。

1パック 300円での発売です。

ho24.jpg


先日はこれを塗って焼きおにぎりにしてみました。
みそとご飯の相性の良さは例えようもありませんね。

次はお茶漬けにしてみようと思いますが
食べすぎ注意となるに決まっているのでなかなか手が出ません。

今だけのご飯のお供「鮭みそ」
どうぞお試しください。


期間限定というほどではありませんが、
鮭の回帰が終わると自動的に終了します。
というわけで
年に一回だけの登場となります。



a
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1390-b9bb6647