日本では昔から稲わらが豊富にどこでも在ったのと
冬には木々の葉は落ちてしまうので葉でくるむスタイルは
伝承されなくてもっぱら稲わらで納豆が作られました。

ただ、詳しい説明は省きますが恐らく
『縄文時代の人々は栃の葉で納豆を作っていたのではないか』
と書かれています。

こんな本を読んでしまうとやらない訳にはいきません。
早速朴葉、山ブドウの葉を摘んできて作ってみました。

大豆を一晩水に漬け蒸します。
親指と小指でつまんでつぶれるくらいに柔らかくなったら
hj42.jpg


それぞれの葉でくるみ、保温箱に敷いたバットに並べて
hj41.jpg

hj40.jpg

3日間放置。
hj39.jpg


蓋を開けてみました。
完成です。

hj32.jpg


すぐに加工してひき肉と共に炒めて保存します。

ところで、納豆にはナットウキナーゼというものがあり
これは血管の中の血栓を溶かす働きがあるとされます。

これを有効に活かすには夜に納豆を食べるのが効果的だと
言われます。
血栓は夜間就寝中に作られるからです。

でもほとんどの場合納豆は朝食に食べられることが多く
夕食にはそれ用に考案したメニューが求められます。

以前に料理店をしていた頃は
「そぼろ納豆丼」としてお出ししていました。

ひき肉にニンニクと生姜のみじん切りを加えてよく炒め、
刻んだ納豆を混ぜて炒め、味をつけて丼ご飯に掛けて完成。

炒める時には納豆の匂いは盛大に立ち上がりますが
客席に運ぶ時にはさほど匂いません。
どうやら肉の脂に包み込まれてしまうようです。

また、本にも書いてありますが
納豆というのは各家庭で自分たちで食べるもの
といった位置づけであり
客に出すというものではない  とあります。

ですが、夕食用に肉と炒めると客席に出しても通用する
一品になるのです。

これに卵を組み合わせて
「そぼろ目玉納豆のラーメン」とします。
11/2よりのスタートと致します。

市販の納豆ではありませんから
粘りも匂いも弱くお昼に食べても気になりません。

ひき肉と納豆はたっぷりと乗ります。
すくい取ってご飯に乗せても皆様ご存じの通りの仲の良さ。

自家製にすると納豆の香りよりどういう訳か豆本来の
旨みが強く出ます。
富山県は上質なエンレイ大豆の一大産地なのだと
改めて思い出されます。

自然発酵の納豆はすぐに加熱調理しますので
そのまま普通の納豆ではお出しできませんのでご了承ください。


私達が知っている納豆が納豆の全部ではありません。
納豆の話はまだまだ続きます




r




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1384-4ca743d2