夏味の第二弾は塩の「ハムと卵」です。
自家製ハムとポーチドエッグをあしらいました。

ハムは燻製後低温処理で仕上げ
極薄スライスで柔らかくカットしてあります。

そのハムの味を決めるのがソミュール液と呼ばれる
漬け込み液です。
フレッシュハーブを煮出して塩分調整したものです。

ポーチドエッグは苦手だという方がいらっしゃいますが
それは中途半端に味が薄い、酢の味がなじまない
という事が主原因です。

それが証拠に味噌汁の中に落とした卵が嫌いという方は
あまりいらっしゃいません。

そこで塩分調整したソミュール液でポーチドエッグを
作ります。
これだとハムの味、風味と実にマッチしてくれます。

硬水のダシと軟水で取ったダシを混ぜた最強の
Wスープに柑橘を加えた中に手打ち細麺

hi15.jpg

そこに自家製無添加ハム

hi14.jpg

晒し玉ねぎ

hi13.jpg

その上にポーチドエッグ

hi12.jpg

青梗菜とMIXハーブを添えて完成

hi10.jpg


ハーブはパセリ、セージ、バジル、オレガノ、タイムなどを
刻んで混ぜてあります。
普通はラーメンに馴染みません。

hi8.jpg

ところがスモーク香の支配するこの一杯には良く合います。
とはいえ、ハーブ類は好き嫌いが分かれますから
別皿でのご提供となっております。

でも、あえて言いましょう。
ハム・ソーセージのお嫌いな方ならば仕方ありませんが
それらの風味の源はこうしたハーブなのです。

豚肉の古語は「ソー」と言うそうです。
それに最もマッチするハーブが「セージ」です。
その代表的組み合わせの品名がどなたもご存じの
「ソー・セージ」です。

いわゆるハーブティーなどとは一線を画した美味しいハーブ
この機会にどうぞお試しください。
添加物の無いハムは自然な肉の旨みをもたらし
強情な手打ち麺は噛み、すする楽しみを再認識させてくれます。

ちなみに「ハムエッグ」とは違います。
そちらはベーコンエッグ同様に一緒に焼き上げるもの
hi34.jpg


今回は風味で総和を図りつつも別誂えという事で「ハム&エッグ」と表記してあります。
不朽の名菜「ハムエッグ」に
少しでも近づいていると得心いただければ
一料理人として無上の喜びです。

ラーメンを  よりご馳走に仕上げたい
そんな気持ちで取り組んでおります。

本日8/18(木)よりスタートします
期間限定 土日祝を除く平日のみ
昼夜OK  麺追加一玉 200円

「夏の  塩ラーメン」 (ハム&エッグ)  900円
hi11.jpg






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1370-2a7a8ed4