2016.08.11 夏の花
タチアオイの一番上の花が咲いた頃が
梅雨明けだ  と言う話は良く聞きますよね。

実際は年によって微妙に差異がありますが、
だいたい毎年そんな様子なのを見てなるほど昔の人は
じっくりと周りを観察する余裕があったのだなと感心させられます。

現代人はあらゆることがスピードアップしてしまい
じっくりと身の回りを見渡す暇もないほどです。

ところが「ネジバナ」の花も同じように梅雨明けのサインなのだと
聞き半信半疑で観察していました。
じっくりと観察する暇はありませんが
朝の水やりの時にちらりと見るだけです。

ちょうど梅雨明け宣言が出されたその日の様子です。
間違いありませんね。

hh57.jpg


夏でも山に行きます。
この日は山みょうがを採りに入りました。
今年のみょうがも2週間程度早く始まりました。
山菜もそうでした
何もかも早いようです。

家内が茶花に関心を持っているので
葛の花を摘んできて活けたところです。

hh84.jpg


次は山の夏の花を撮影してこようかと思いました。
いつも花より団子ばかりじゃなく
花も愛でようかとなって  やはり歳のせいなのかと




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1366-6a172b72