8月に入りました。
熱い毎日が続きますので甘夏果汁を加えたさっぱりとした
一杯をご用意致しました。
hh66.jpg


硬水で取ったアゴをはじめとする節系のWスープ仕立てと
手打ち細麺の強情な歯ごたえをお楽しみください。
hh49.jpg


今回はダシに佐世保特産の「赤マテ貝」を使用しました。
hh52.jpg

美味しいのですが
残念ながら貝類のアレルギーのある方には無理です。
アレルギー症のある方は必ずお申し出ください。

具にうずらの茹で卵を作りました。
かつて優れた栄養食品としてもてはやされた時代もありました。
ところが水煮の商品が出てきてからはその地位も急落。

缶詰はとても不味いからです。
でも生から茹でると本来の美味しさと栄養は昔と変わらずに
今もそのまま。
hh45.jpg


春に山ブドウの葉を塩漬けにしておいたものを取り出してきて
肉の角煮を包みました。
hh42.jpg

春一番のタケノコ、シイタケ、ペコロス  それと
干しやまぶどうを加えて中国料理の紅焼(ホンソウ)の手法で
赤ワインを足し仕上げます。
hh48.jpg


山ブドウの葉には2種類あり酸っぱいブドウは広い葉ですが
甘いものはだいたい裂が入っており、
hh53.jpg
包材として使えるのは
酸っぱい山ブドウの葉となります。
hf104.jpg


ところがこのタイプは春の天ざるの時にも書きましたが
新芽もツルも葉さえも酸っぱいのです。
この酸味が不思議に赤ワインとマッチします。

甘夏果汁の爽やかなラーメンにもピッタリです。

塩ラーメンはえてして単調に陥りがち
そこで青唐辛子と皮をすりつぶして柚子コショウのような物を
お付けします。
hh62.jpg

柑橘コショウとでも呼びましょうか
辛さは穏やかになるよう調製してあります。
hh41.jpg


また追加麺にもお応えしますが塩用のテーブルタレが
ありませんので皮をすりつぶして塩を加えた香り塩を
おつけしましょう。
hh50.jpg hh65.jpg


どちらも穏やかな風味、香気を加える事で
変化をお楽しみいただけるはずです。

8月はお盆がありますから混雑の始まる前
8(月)までの提供と致します。

本日8/1(月)から8/8(月)までの1週間
「夏の塩ラーメン」
850円
土日祝を除く平日限定  昼夜OK
麺追加  一玉 200円

hh44.jpg





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1364-6598165f