シオデという山菜があります。
タチシオデ
サルトリイバラの仲間で数10種類あるうちのひとつですが
群生することが少なく普通山に入っても大量に採れません。

なので希少、貴重種とされるのですが
環境の適したところには所には沢山あります。
また普通は細いのがあっても太いのは少ないのですが
そんな場所には大抵太いものも出ています。

陽当たりの良い開けた山地
下草の少ない斜面などです。

hg12.jpg

ヒゲのように見える蔓が成長と共に他の木にからみつき
大きく伸長していきます。

別名山アスパラとも呼ばれます。
味や栄養的にも栽培種のアスパラより優れていると
言われます。

また
サルトリイバラの仲間と書きましたが
サルトリイバラの萌え出たばかりの若芽も同じように食べる事が出来ます。

料理でもアスパラと同じように使えます。
茹でてマヨネーズや酢の物などが一般的でしょうか。

癖が無く旨みの強い山菜として位が高く
高級山菜として知られています。
ですからお店にはまず出回りません。

好ポイントを教えてもらってからは天ぷらネタとして
重宝していまして昨年は葉物で巻いて揚げてお出ししました。

gc58.jpg

gc30.jpg


今年のシオデの天ぷらは春巻きでした。
本当は湯葉で巻きたかったのですが残念ながら
品切れで、サヨリとその卵で揚げました。
hf86.jpg hf97.jpg

サヨリは昆布締めにして保存している間に
卵は塩辛にして熟成させたものです。
スティック状の春巻きは軽やかで食べやすいものです。

hf88.jpg

そして今は排骨麺に乗せてお出ししています。
hg13.jpg

思うところあって今年からは出来るだけ山菜を
お店で出そうと決めました。
hg11.jpg

様々なものを色々な形でラーメンに組み合わせていきたいと
考えております。
どうぞ楽しみにお待ちください。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1344-27853976