2016.05.04 身近な山菜
ようやく山菜が芽生え始めました。
フキノトウに続いて次は「シャク」です。
hf10.jpg

御覧のとおりニンジンそっくりでしょう?


ついた別名が「山ニンジン」
でもそれは見た目がそっくりというだけで根がニンジンだとか
いやいやもしかして高麗ニンジンの日本版では?

などということは全くありません。
手に取るとせり科の強烈な香りがします。

陽の当たる明るい開けた場所に群生します。
道端やがけ下、野原などです。
hf9.jpg hf5.jpg

こうして葉の中心から花芽が立ち始め
すぐに大きく伸びます。
この時が収穫時。

この後花芽が膨らみ花が咲き始めるともう硬くなって
食べられなくなります。
植物はこうして動物に食べられないように
身を守るために必死になって自衛しているんですね。

ですから美味しく食べられる期間はとても短いのですが
わざわざそこを狙って収穫するのも
これがそれだけ美味しいからなのです。

茹でてあく抜きをして
味噌漬け、きんぴらなどにすると何とも言えない
山の香気が春を感じさせてくれます。

お客様に出すと
「ウドですか?」と尋ねられます。

嬉しいですね。
この方は何の説明も受けていないのに
1、山菜であると解る
2、ウドが美味しい山菜だと知っている
3、それがウドに匹敵するくらい美味しいと認識した
と言う訳です。

若い方々にもお出ししますが誰も残されません。
もうすぐ山に入れば道端はシャクの白い花で
まるでお花畑のようになりますが、

これが美味しい山菜だとご存じない方が多いのか
それとも強いせり科の芳香を嫌うのか
収穫されるのを見たことはありません。

身近で美味しい山菜がわんさかと萌え出ているのに
いつも惜しいとお花畑を横目で見て通り過ぎています。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1330-36583d93