2016.03.17 焼き厚揚げ
厚揚げを焼いて醤油を掛けて食べる。
このシンプルで美味しい惣菜は酒肴にもおかずにもなる
簡単で便利な一品ですよね。

皆さんも食べてますか?

これは木綿豆腐を油で揚げただけの素材です。
ですから当然元の豆腐の質、いえそれ以前に豆の品質が
重要なのは言うまでもない事です。

ところで絹豆腐と木綿豆腐の違いをお判りですか?

十分加熱した豆を挽いて(呉  ご と言います)布で漉します。
この布の違い
絹布で漉したら絹ごし豆腐
木綿布で漉したら木綿豆腐   だと思ってませんか?

違います
布は一種類だけです。
漉した状態は豆乳です。
ただし!市販の物とは全く別物です。

市販の物は不安定なものを安定化させるために山ほどの
添加物にまみれ汚染されているのです。
健康を考えて豆乳をと思うのならぜひ豆腐屋さんの物を
お求めください。

健康を考える人を嵌める罠食品があふれているんです。

おっと失礼
布で漉した豆乳ににがりを加えると固まり始めますから
すぐに型に移して固めます。

これが絹豆腐。
まるで絹のような滑らかでシルキーだから絹と名付けられました。
昔の人はいいセンスしてますね。

それを惜しげもなく崩して余分な水分を抜くために
別の型に移して軽く重石を掛けて仕上げるのが木綿。
絹に比べてザラリとした食感になるので木綿と命名。

ですから豆腐屋さんの技量の見せ所が木綿とも言えます。

これを揚げたものが表題の厚揚げなのですが
次に重要なのが油です。

きれいな油で揚げているか古い油で揚げているか
白絞油で揚げるか菜種油で揚げるか

一番おいしいのは菜種油のきれいなもので揚げたものです。
富山県内で一番なのは戸出の孫兵衛さんですね。
なにしろここは200年続いた老舗で
一子相伝のこだわりもさることながら能登のにがりなどまだ
誰も知らなかった頃から
そう、能登でも塩づくりしているご主人を
変人呼ばわりしていた頃からすでに取り入れていたという凄さです。

あまりに経費率が高いので税務署までやってきたという
おまけまでついているのです。

でもいかんせん遠いのでいつもと言う訳にもいかないのが
残念なところ。

普段は森豆腐店の物を常備しております。

さて
焼いて表面の余分な油を落として中まで温めればOK
なのですが、ここにもこだわる人がいて
ある居酒屋さんでは中心にまでしっかり熱を与えるには
いったん茹でるのだと言います。

それをこんがりと焼き上げるのが一番だとか

いや炭火とまでは行かぬまでもオーブントースターがいい
いやレンジが一番などと
こういったシンプルなものほどそれぞれのこだわりがあるようです。

今回私がご紹介するのはいたって簡単
ガス台に直接魚焼き網を乗せて焼く方法です。

裏表をざっくり焼いたら包丁で真ん中を大きくえぐり取ります
そこに卵をポトリと落としてアルミホイルをかぶせて
弱火で焼き上げ
hd28.jpg

かつお節、醤油を掛けて食べる
hd27.jpg

と言うものです。
hd26.jpg

hd25.jpg


豪華!!(笑)
旨い(ホント)
簡単(超)  の三拍子でおすすめです。


でも
ここに何を乗せるのかはまたまた人それぞれの好みと
やかましい蘊蓄が続きそうですね。

絶対
大根おろしに限る!
とか
ネギはどうした!
とか
いやいや納豆を忘れちゃイカンだろ!

おろし生姜は?
マヨネーズは?
とか

もう後はご勝手にしてください。

でもせめて
アミノ酸等と書いてない醤油を手にすることから
始めてみませんか?
自由への第一歩となりますよ。



岡林信康とはっぴぃえんど



だけどホントにイヤな奴がいなくなると
何をしていいのか判らなくなって
誰かに寄りかかりたくなるけど

それじゃあ何にもならないんだよ
アンタの主人はアンタしかいないんだから
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1314-c1ee7667