チャ-シューには大別して二通りあります。
ラーメン専用に作られたものとそうでないもの。

専用と言うのは当店が作っている普段のようなものです。
これはスープに入れて溶かすことで味を決める目的に特化
されており、例えば酒肴などには決定的に不向きです。

かたや、そうでないものの代表が今回作った焼き豚タイプ
これは料理店が作っているのをみてもお解りのように
酒肴や一品料理に出来る万能タイプです。

今回はもも肉で仕込みました。
一般的にバラ肉でない部位というのは
焼くと身が締まって硬くなります。

それで専用釜でじっくりと焼くという理(ことわり)が生まれるわけです。

じっくりと焼くことでしっとりと柔らかくしかも
焼き縮みの無い仕上がりとなります。

煮上げたタイプではともすると脂身の部位やすじ肉部位
などが硬かったりしつこかったりすることがありますが
しっかりと下味をつけてゆっくりと焼き上げると
むしろそういった部位程驚くほど美味しくなっています。

さながら和のローストポーク。
hd22.jpg


ぷっくりと丸みを帯びているのがその証です。
そのままスライスして食べても美味しく頂けますが
お好みで酢醤油や豆板醤などを添えて食べても美味しく頂けます。
hd21.jpg


ラーメンに入れるとスープで温められてふわりとした食感に変化します。
ですから専用釜で焼いたとしてもふわりとした食感にならない
としたら下手な焼き方となっている訳です。

「ぜひ分けてほしい」とうれしいお申し出が出ておりますので
近々発売を開始させていただきましょう。

ラーメンにチャーハンに最適なのはもちろん
細く切ってネギと混ぜておつまみにも
オードブル用としてもご利用いただけます。

量目やレシピなども添えて近日公開いたします。

ちなみにチャーシューとは叉焼という文字で表します。
この叉というのは肉を突き刺して焼くときに使う器具で
先端が二股になったフォーク状のものです。

焼き上げスタイルが本来であったという名残なのですね。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1310-db094856