今回は塩ラーメンをご用意しました。
昨年末にお目見えしたカニワンタンメンでは漁期が早いため
カニの味がやや淡白でそのためにスープにもカニのダシを
加えましたが春になり味も強くなりましたのでカニダシは
使いません。

その代りにアゴダシを加えてダブルスープに仕立てます。
アゴとはトビウオの事でいいダシが出るのですが
いかんせん最近は価格が暴騰気味です。

でもそれを圧しても、
とても美味しい味が出るのでトライいたしましょう。

hd60.jpg

チャーシューはパンチェッタ方式で仕込みます。
焼くタイプとはまた異なる低温調理によるしっとりタイプです。
部位は前回同様富山産の安心豚もも肉。

同じ部位とは思えないほどの食感の違いをお楽しみください。
パンチェッタと言うぐらいですからハムのような口触りです。
市販の結着肉のニセハムとは違います。
本物の手作りハムのようなと言う意味です。

hd47.jpg

これにスモークを掛けるだけでハムになります。(右)
もっとも、本来のパンチェッタは一か月から数か月かけて
生ハム状態に仕上げるのですがそこまでは
時間がありませんので端折って低温処理としています。

カニワンタンは二度目ですが味は濃くなっています。
ハシリの頃と比べてみてください。
ふわりとした雲を呑むような味わいはもうお馴染ですね。

でも塩ラーメンだから塩味です。
というだけじゃ退屈じゃありませんか?

そこでまたまた味の変化を遊んでしまいましょう。

hd45.jpg

これに添えるのがフキ味噌です。

hd53.jpg

春の香りをラーメンで楽しんでしまいましょう。

nre 031

お好みで少しづつ溶かしてお召し上がりください。

hd49.jpg

単なる塩ラーメンに香りの要素が加わる事で
「味の色」が変化します。

塩なのに味噌?   と訝しむむきもおありでしょうが
いつも申し上げているように
味噌とは塩麹に豆の風味が乗った物と考えれば
全く違和感などないのです。

むしろ塩の自然な発展形としてお楽しみいただけるはずです。

hd52.jpg

どっしりとした塩味とでも言いましょうか?
当店がお贈りするのですから無添加は当然ですが
しっかりと麺の追加にも耐えられる塩へとなります。

hd51.jpg

でも、
これはお好みでどうぞ。
無理強いは致しません。
フキ味噌は苦いからイヤだという方もいらっしゃるでしょうし、
hd54.jpg

ご飯に乗せて食べたいという方もいらっしゃるでしょう。

また
もっと欲しいというご要望にもお応えします。
どうぞご自由にお召し上がりください。

フキ味噌はたっぷり用意してあります
遠慮など無用です。

濃厚なカニの旨みぎっしりなワンタン
あっさりとしていながら上質な肉ならではの確かな旨み
Wスープの美味しさ
もうお馴染になりました固ゆでの細麺
そして春の香り
hd54.jpg

熊は冬眠明けに真っ先にフキノトウやザゼンソウを目覚めの
為に食べると聞きます。

「春は苦み」とも言います

熊でなくとも活動時期を迎えた体目覚めるような美味しさです。
春味第一弾
Crab & Pancetta
どうぞお早目においで下さい。

土日祝を除く平日のみ
昼夜OK
 「フキ味噌の塩ラーメン」  800円
麺の追加    一玉     200円




   
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1308-b1f5c94c