2016.03.02 予言
10数年前から私はある予言をして来ました。
いえ、正確に言えば現実的推移に基づいた予測というべきでしょうか。

ラーメン店に鞍替えする前は中国料理店でしたが、
ある事をきっかけにして化学調味料と手を切り店内にその旨を
小さな色紙で表示していたところお客様から
「こんな良いことをやっているのならもっと大きく書きなさい」と
言われたのです。
いえと私は応えて
「つい昨日まで使っていたのにあからさまには言い立てたくない」
と。

その後ラーメン専門店にして大きく表示するようにしたところ
また他のお客様がこう言うのです
「あんたはこんな小さな店だから無添加に出来たんであって」
「大手では困難でも仕方ない話だろう」          と

そこで私は
いえ大手ではとっくにそんな事は対策済みでしょう
こんな小さな私ですらが出来たんです
研究者をたくさん抱えていながら出来ないはずがないじゃありませんか
今、それをやらないのは単純にコスト面での理由だけでしょう  と

その方は鼻で笑っておいででした

頻繁にカップ麺などを食べる方にはその緩やかな変化は見えにくいかもしれません
私は自分から進んでそれらを手に取る事はほとんどありませんが、
付き合い上、人から手渡されれば食べる事もあります。
定点観測のようなものと割り切っていますが
数年に一度という間隔で食べるとその進化にとても驚かされます。

麺が多加水になりまるで手打ち麺のようになり
そしてスープが見事に改善されていっているのです。

再び10数年前の記憶に戻りましょう

でも、と私は続けました
もし、大手のメーカーなどが化学調味料だけに依拠しない
つまり後口の悪くない商品を作り出して来たら個人経営の飲食店は
何で戦えるんでしょうか?
こんな小さな店だからこそすぐに出来る事を始めるべきなんじゃないでしょうか  と

私の予言の前段は当然のように今起こっています。
「どこそこのラーメンよりよほどあの商品の方が安くて旨い」
という声を頻繁に聞くようになりました。

むろん、そのような言い回しは昔からなされます。
でも最近のスープは明らかに進化をしています。
あざとく尖ったいわゆる
「何味を食べても味の素の味しかしない」
というレベルから明らかに脱却しているのです。

しかし、無添加になったという訳じゃありません。
グルタミン酸にだけ頼らずにより巧妙になって感じにくくなった
というだけなんです。

でもグルタミン酸だけに頼ったスープより旨く感じるのは
間違いありません。

私達が無添加のスープと大きな声で言い立てたとたん
激しいバッシングを受けました。
中には私の事をまともなものを作る能力が無い  とまで
そしる人もいたほどです。

メーカーが急激に変化させずに緩やかに進行させるのもそんな
消費者の「味を変える事への反発」をさせないための戦略なのでしょうが

緩やかな時間があと10年過ぎて・・・
街の味は果たしてどうなっているのでしょうか?

私は今次の段階に入っています。
自由を手にするには叩かれてもぶれない強い心が
重要なのです。





The Bird Without Wings
作詞 越智志帆

僕は不完全  飛べない運命
こんな小さな川でさえ超えてゆけない

頭の真上 あいつが追い越してゆく
水際の僕をあざ笑うように

涙の川泳いで 世界中を見返すんだ
No more cry
不格好でもいいさ 僕なりにあがいていこう

One more try
The bird without wings

嫌いだった 逃げたかった
不自由なこの僕は空を知らない

でも誰より知ってる青空のcolor
僕だから見える世界があるって

違う生き方でいいんだ ありのままを愛するんだ
No more cry
不完全な運命が心の羽にかわっていく  
One more try
The bird without wings

涙の川泳いで世界中を見返すんだ
No more cry
超えられない壁なんて 神様は与えやしない
One more try
不完全な運命も 僕に与えられた今も
It's my life

The bird without wings



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1306-be17b25d