そろそろ雪でも降るかな? という位の晩秋
この日も飽きもせずにナメコを探し求めて山中を歩いていました。
木の葉もすっかり落ち、
見通しの良くなった林内は明るくて草もなく快適です。

ただ、冬枯れの景色というのは生命感が乏しくひっそりと
静まり返った静寂が支配しているので
慣れない人は気持ち悪いかも知れません。

ha6.jpg


でもそんな中でも菌は活発に活動しています。
ナメコ、ヒラタケなどの食菌がそれです。
立ち枯れた木や倒木を盛んに食べて分解しているんです。

森にキノコという菌類がもしいなかったら枯れ木だらけで
人間は歩くことはおろか林内に立ち入ることさえ
出来ないだろう と言われます。

ですが
枯れ木の中でも美味しい木とそうでもないのがあるようで
何種類ものキノコが同時期に発生する木もあれば
見てくれは立派でも全く出ない木もあります。

また、初めはクリタケ、次にムキタケが採れ
晩秋になってナメコ、ヒラタケとまるでコース料理のように
順を追って発生する木もあります。
キノコにとっては我勝ちに食指を伸ばしたいほどの御馳走木
なのでしょう。

さて、
この日は長い間歩いてようやくまともな一本を見つけました。

ha14.jpg

こんなに遅い時期では落葉が枯葉となってナメコに
ぴったりと張り付いています。

遊びですからこれだけ採れれば十分ですが
帰路高い所にヒラタケを見つけました。

ついでに採って行こうと崖をよじ登ると
根元付近にナメコも出ているのが見えます。
おやおやと思って手を出すと妙に邪魔くさい低木が
あるのです。

アオキです
ご存じのとおりアオキは常緑樹なのですが
これは枯れかかっているのです。

『さては?』と思ってそっと引っ張ると
案の定 簡単に抜けてくるではありませんか。

そう、これは先に一回収穫した人が二番目に出るナメコを
見つけられないように隠そうとしたものなんですね。

こんな山の中にしかも沢山の木がある中でどこかの誰かと
同じものに手を出している自分に滑稽なものを感じて
そのまま採らずにおきました。

そして道に降りようと横に移動したらこれを見つけたのです。

ha11.jpg

ヌタ場と呼ばれるイノシシの泥浴びをするいわばお風呂です。
ここに転がって体についた虫を落とすのです。
ha12.jpg


最近ここ富山や北陸ではイノシシの繁殖がすさまじく
秋の収穫間近の稲田に入ってこれをやられる被害が
多発しているんです。

稲穂のチクチクした毛状の部分(芒・のぎ  といいます)が
彼奴等にとっては好都合らしいのですがこれをやられると
その田は一枚丸ごとダメになってしまうそうです。

本来はこうして山の中でやっていたものなのです。
ここの周囲は粘土質で田んぼの中のように程よくぬかるんで
います。

縄張り内に田んぼが無ければ自前の風呂を作る能力が
あるんじゃないかと・・
「雉も鳴かずば撃たれまいに」と言います。
「シシも田に行かずば撃たれまいに」と言っておきましょうか。
あ、でも聞きませんね絶対。

冬枯れの山も結構な命があふれているのでした。





山菜採り時にこれを大音量で流すと寝ぼけ顔の熊がステップを踏むかも?

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1288-7bcb1589