今年もいよいよ明日で最後です。
沢山の人にご訪問いただきありがとうございます。

今年から始めた期間限定メニューも回を追うごとに盛り上がり
ますます気合いが入ります。

特に思い出深いのが
春の山菜を取り込んだ天ざる中華です。
今までそれこそ山のように採っては来てもこのような形で
ご提供する日が来るとは夢にも思いませんでした。

今年から入ったポイントでは長い間山菜の採取が出来、
また道端での楽な作業だったことも幸いし
随分長い間続けられました。
gc41.jpg

いったん始めると追われるように色々と試行錯誤して
天ぷらを用意しなくてはなりません。
でも、そのおかげで今まで頭の中にしかなかった揚げ方まで
実践出来ました。
gc61.jpg gc30.jpg gc67.jpg



今年はそういう意味でも新しい取り組みができた年でしたが
実はこんなスタンスは30年前に自営を始めた当初からのものなのです。

27歳で中華料理店を始めたころ
まだその当時同業者で富山市内にサービスランチを行う
店が少なかったのですがスタートしました。

当初は人気がありませんでした。

八宝菜や酢豚などをやるとそこそこ出ます。
でも本当にやりたかった本格的なものを書くと全く出ません。

その当時お客様に言われたものです。
「こんなものをやってても注文する人なんかいないだろう?」

でも苔の一念で続けやがては人気メニューになり
ランチタイムには新しく駐車場を借りなければならないほどとなりました。

思うところがあってラーメン店に変更してからも
このスタンスは変わりません。
10年続けた昼のミニ丼も同じでした。

親子丼やかつ丼なら出ても物珍しいメニューは見向きもされませんでした。
やがて人気メニューになって行く過程も同様でした。

手っ取り早く売れるものだけを手掛けていたのでは
明日につながらない
というのが私たちの変わらぬスタンスなのです。

中華料理店では出せないスタイルの麻婆豆腐ラーメン
イノシシのワンタンメン
ラーメン屋の作る排骨麺
カニワンタンメン

どんどん新しいトライを続けて
人まねをせず
本当に美味しい地平を追求してまいります。

本年はひとかたならぬご愛顧を賜り誠にありがとうございました。
また来る年も「美味しい」を求め続けるスタイルは変わりません。
何卒よろしくお願い申し上げます。










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1281-90bc2fa0