2015.12.09 排骨について
排球というスポーツをご存じですか?
そうバレーボ-ルのことですよね。

独特の視点で描く東海林さだおさんのエッセイで
面白く解説がされていました。
曰く
球技であるにもかかわらずボールを嫌う種目だ
というのです。
「イヤイヤこっちによこさないで」とブロックをし
相手陣地に落とすと得点を得る。

その様はまるで危険物か爆弾でも扱うが如く
と言うのです。
だから
ボールを排除する  つまり排球なのだと。

排骨麺を実施するにあたりこのエッセイを思い出して
一人で笑っておりました。

骨と言う一文字が入る事で嫌な感じを持つ人もいらっしゃるでしょうが
これはかつてバラ肉を使用していた頃からの名残です。

バラ肉とはアバラ肉のことです。
いつのまにかアの文字が消えバラ肉とだけ呼ばれるように
なってきましたが、
アバラの骨が何本もついたままではすこぶる食べにくい
そこで食べやすくするために骨を排除した肉
つまり排骨となったわけです。

漢字はじつに解りやすいですね。

骨を排除(取り除いた)肉がこうです。
バラ肉



もっとも排骨麺とは言っても昔ならいざ知らず
最近のバラ肉は脂が多い為か、この部位はほとんど
用いられません。

ロース肉、または肩ロース肉がほとんどです。
でも
なるべく低価でお出ししたいから能登健康鶏の
もも肉で作ります。

手順はこうです。
注文が入ったら麺を茹で始め   と同時に油に点火
gh58.jpg gh60.jpg

丼にタレを入れて麺を混ぜ      肉を投入
gh57.jpg gh59.jpg

肉を二度揚げします
gh55.jpg gh52.jpg gh50.jpg

スープを注ぎ              肉をカットして用意
gh45.jpg gh64.jpg

麺を入れ                準備して
gh44.jpggh41.jpggh62.jpg

完成
gh38.jpg


豚ロース肉よりも柔らかいのでどなたにもお喜びいただけます。
gh36.jpg
からりと揚げ切ったものは油臭くなく
極太麺との相性も抜群
gh37.jpg


二週間だけですがリクエストを多数いただいての再登板です。
お早目にどうぞ。
土日祝を除く平日のみのサービスメニュー

「排骨麺 パイコーメン」  800円
昼夜ともOK
gh39.jpg