FC2ブログ
2007.11.06 天丼
お昼の「ミニ丼」の話をさせていただきます。

ラーメンだけじゃ物足りないだろうということで始めたものですが、
ついついイメージだけが先走りして悪乗りするのが良くない癖です。

山芋の子で「むかごご飯」などを出すと全く売れなかったりと失敗も多いのです。

『美味しいんですけどねぇ』
ま私が田舎育ちなだけかもしれませんけど。

そこでこれを出せば絶対売れる!
というネタも必要になるわけです。  ベタですが。

その一つが「天丼」です。
人気メニューです。
もちろん野菜小鉢とセットじゃなくてはいけません。

そんな天丼達をご紹介させていただきます。
20071106095530.jpg 20071106095609.jpg

これはカマスの天丼です。
見た目はよくありませんがとても旨いです。

旨い天丼の秘訣は3点とも熱く  です。

注文を受けたら揚げる
揚がる間際に熱々のご飯を盛る
揚がった天婦羅を熱いタレにさっとくぐらせる
ご飯に盛り付ける

と言う手順です。
それで時には衣がはがれてしまったりしますが、それはご愛嬌で済まされて頂いているくらい旨いです。
ですが、白状するとラーメンの出来上がりに合わせてこれをやるのは少ししんどいのです。

中国料理の時には炒め物と煮込み物それに揚げ物と4個口のガスレンジを同時進行調理して50席のランチタイムを捌いて来ましたから手馴れているつもりですが
それでも念の為、天丼は一番ヒマな水曜日を選んで出すようにしています。
それでも一時に5個なんてオーダーが入るとパニックです。
「しまった」なんて思うときもあります。(内緒ですが)
それでも美味しい魚が入手できた時にはついやりたくなってしまうんです。

新鮮なカマスの天婦羅は極上です。
柔らかくても身肉がしっかりしているのですが、揚げてタレにくぐらせた瞬間ホロリと割れてしまうくらいにふうわりとしています。
これを熱々のご飯と一緒にかきこむともうたまりません。

20071106101650.jpg
こちらはシロサバフグ。
拡大してご覧になればお解かりいだだけますが尾の先端が白いのです。
これには毒がありません。
ここが黒いと俄然ヤバくなりクロサバフグと言う有毒種です。
過去に死亡例もあるそうです。
未だここ富山で私は拝見したことはありませんが激注意です。
20071106101740.jpg

これも秋の人気定番メニューです。
身肉が大きすぎると火の通りが悪いので切り目を入れてから揚げるのがコツです。
フグはヒレまで美味しくなるんですね不思議な魚です。


でも今までで一番はヤガラです。
これはお刺身ででももちろん美味しい魚ですが加熱すると際立ちます。
化けます。
和では椀種が極上とされるそうですがさもありなん と言った感です。
温暖化の影響からか最近富山湾でも冬には獲れるようになりました。

これは皮目が美味しそうでしたので油に入れるときに皮側を下にして左手に持った箸で衣をこそげ取るようにして揚げました。

案の定!皮目が香ばしく身はふわふわで絶品でした。
今年もそろそろお目にかかれるかなと期待しています。

でもやっぱり決めてはタレ!

濃い出しとカエシだけで関東風の黒いタレを作っています。
砂糖は一切入れません。
カエシの割合は
醤油:みりん  が
 1 : 1   です。
出し:カエシ は
 1.5:1   程度 かなり濃いタレですが甘くないのでいけてます。

美味しい天丼は家でも簡単に作れます。
詳しいレシピなどはメール等でお問い合わせくださればお送りします。お気軽にどうぞ。

ご飯粒ひとつ残さずにきれいに平らげてもらうと料理のし甲斐もありますしお米の消費にも役立てるというものです。

 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/126-6bf6c4d6