焼き魚が残ってしまった時の再活用法です。
特に尾頭付きなどと言えば聞こえはいいのですが
鯛の姿焼きなどの頭はそのまま捨てられることの方が
多いはずです。

今回はそんな鯛の尾頭付きの再活用法です。

「鯛茶漬け」
鯛茶にはいくつかのスタイルがあります。
中でも有名なのが宇和島式と呼ばれるもの。
これは刺身などの生を使って作ります。

小皿に白ゴマの摺ったものと醤油を入れて
そこへ鯛のお刺身を数切れ混ぜ込んでおきます。

それを熱々のご飯の上に置き
上から熱い煎茶を掛け、ワサビを添えていただくというものです。

今回は焼き魚の残りですからこれとは別に捉えましょう。
料亭などではダシで作ります。

一般に料亭のお茶漬けと呼ばれるスタイルですが
ダシを掛ける事で煎茶とはまた異なる風味が楽しめ
またその活用される具材も大幅な広がりを見せてくれます。

お茶だけではまとめにくい生卵のお茶漬け、納豆のお茶漬け
など意外性を感じさせて新たなインスピレーションをもらえるのです。

さて、私はラーメン屋だからと言う理由だけでなく
鯛にカツオダシというのもよろしくないので
清湯で作りましょう。

鶏ガラと昆布で摂った澄ましスープで残ったタイの頭と骨を
中火で煮込み、漉し、塩とみりんで調味します。
gf98.jpg


骨が混じらないように気を付けて身をほぐして熱々のご飯に
乗せてスープを掛け、ワサビと海苔、すりごまを置いて完成。

gf03.jpg

とても美味しい出来栄えでした。


さて、こんなに美味しいスープが出来てしまったら
このままじゃすみません。
次は鯛のお茶漬けラーメンとまいりましょうか。

細めんを茹でて丼に盛り、熱々スープを掛けて
ほぐし身とワサビ、海苔、小口ネギを散らして完成。
gf05.jpg

こちらもあっさりとしていながら滋味深い味わいになりました。

これは粉末スープでにゅうめんとか
更科蕎麦とかでも応用ができそうです。
ぜひ焼き魚の残り物などがある時にはお試しください。

カマスなどの淡白な白身魚で
残り物などとは思えないほどのゴージャスな美味しさが
楽しめます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1256-76cc3c17