度々散発的に登場しておりますワンタンメンを
ご用意しました。
今回は少しだけ趣向を変えイノシシ肉を加えます。

山に行くとイノシシが跳梁跋扈して穴だらけになっています。
タケノコなどは人間の採るものが無くなってしまう程の甚大な
被害だと言います。

私の行くワラビ山などでは艦砲射撃でも受けたのか?!と
いう位の巨大な穴が至る所に口を開けていて危険なほど。
人間がワラビ餅でたべても美味しい根の澱粉を食べるんです。

中でも特にひどいのが田畑です。
収穫間近の田に入りゴロゴロと転がります。
これは体についた虫を取るためだそうですが稲穂のチクチクが
彼奴にとって程よいのだとか聞くだに腹立たしくなります。

この田の稲はもうオシャカになるそうです。

これをなんとか食肉として利用しようと今富山県でも
動き始めています。
ですがまだまだ残念ながらハンターさんの数も少なく
安定した入荷が求められないのが実情です。

そこで及ばずながらいささか迂遠ではあっても活用の
一端を担わせていただこうと三重県から仕入れました。

gf62.jpg

獣肉の良しあしは一にも二にも
携わる方々の技量に負うところが大なのですが
これは間違いなく一級品です。

gf61.jpg



巷には不適な処理肉を食べて
臭い・硬い・不味い
などの不評も多々ありますが、

かつて当店でナマズの丼をお出しした時と同様の
セリフを述べさせていただきましょう。

美味しいものを更に美味しくするのが
それに携わる者の役目
「旨い!」と言わせるのがその最終調理者の私の”仕事”です。

イノシシ肉だけでも十分美味しいのですが
これにベクトルの異なる旨みをかませることで総和の
レベルを押し上げるため富山県産豚肉と能登健康鶏を加えます。

力強い旨みはイノシシ
豚肉は総体をまとめるボディとなり
良質の鶏肉は加熱によって素晴らしいジューを出して

それらをひとまとめにするのが卵白を泡立てたメレンゲです。
gf29.jpg

gf30.jpg

gf31.jpg

ラーメンからすくい出して口に入れると
中から熱い肉汁がこぼれ出て熱い美味しさが広がります。
メレンゲの気泡が肉とスープの旨みを抱え込んでいるからです。

『大空に浮かぶ雲を食べたい   』  と夢見た人が名づけた
雲呑麺  ワンタンメン

鶏の照り焼きとひき肉のそぼろを添えて本日、スタートです。
gf59.jpg

「特製ワンタンメン」  800円
土日祝を除く平日のみのサービスメニュー
もちろん麺の追加もOK
昼夜ともにOK


なおワンタンはトッピングとしても有効です。
「ラーメンにワンタンのトッピング」 850+200=1050円
gf21.jpg


「チャーシューメンにワンタンのトッピング」
                     1200+200=1400円
gf13.jpg

となります。

ただ単に
「ワンタンメン」とだけの御用命では「特製ワンタンメン」となります。

丼の小宇宙に浮いた一朶(いちだ:ひとかたまり)の雲と
なりえているでしょうか?
gf60.jpg




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1254-62234b9a