アカソという山菜があります。
漢字で書くと赤麻となります。

これは今年初めて手にしました。
とはいえ希少種というものではありません。
むしろどこにでもある雑草のようなものです。
gc19.jpg

畏れ多くも昭和天皇がおっしゃった
「雑草と言う名の草は無い、まだその有効さを知らないだけだ」
(だったかな???)

という名言通りの山菜です。
私も手に取るまで食べられないただの雑草にしか見えていませんでした。

gc20.jpg

こちらは食べません。
私の中ではまだ”雑草です”

見分けるポイントはアカソの方は軸が赤い点。

本でこれの天ぷらが普通に美味しいとあるのを見て驚き
ネットで調べると
私と同じ本で調べた人が実食レポートを書いておられました。
曰く
「本に書いてあるのと異なりゴワゴワして不味かった」
というのです。

果たして本当に不味いのか?  と思い先端のひと芽だけを
幾つか摘んで帰り、天ぷらにするとほのかな風味があり
”とても!”  とまでは言えないまでも普通に美味しいのです。

gc22.jpg

いわゆる衣の味しかしない有名なだけの山菜よりむしろ
旨い部類に入ります。
先のレポートを書いた人は恐らく下の硬い葉を摘んで食べたの
だろうと思われます。

かくかようにネットで書いてあることは疑って見る事が必要です。

山菜は少々伸びていても先端の一芽は柔らかくていつまでも
食べる事ができますが、それとて花芽を持つようになると
いよいよ硬くなって食べられなくなります。
成長の最終地点と言う訳です。


gc25.jpg  gc26.jpg


このアカソは繊維が強いので昔は盛んに利用されたそうですが、
綿花が入ってきて木綿が利用されると顧みられなくなったといいます。

ところで、赤麻と書く位ですから麻に近いものとして
捉えられていたのですが


今日でも誰でも知っている高級繊維としての麻織物
言うまでもなく麻から取り出したものですが

では
私たちは麻の事をどれだけ知っているでしょうか?

麻織物は良いもの
大麻と聞くと大麻取締法があるから一も二もなく「悪」という
印象を持ちますよね?
実は麻と大麻は全く同じものを指します。

戦前は米よりも多いくらいに麻が栽培されていたそうです。
麻は布として紙としてはたまた食糧として日本人にとって
無くてはならない存在だったというのです。

それを厭う勢力が戦後この悪法を作らせたと言います。

ほとんどの日本人が忘れてしまった麻の事を学んでみませんか?

「ねずさんのひとりごと」

ちなみに日本の麻には麻薬性の成分は弱いそうです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1230-d71d917e