2015.05.11 天ざる中華
ゴールデンウィークとその後の私達の連休も終わりました。
二日間お休みを頂いたおかげでリフレッシュさせてもらえました。

さて、11日(月)より限定メニューを新たにして再スタートいたします。
暖かくなってきましたので
表題の天ざるから始めさせていただきましょうか。

b-11.jpg

ツユは流行りのつけ麺とは違い和風のあっさりツユです。
天ぷらとの相性を考えるとこれが一番ですね。

麺は細打ちで増量しました。
多加水、手打ちならではの本物のコシをご存分にご賞味いただくのに
小細工はかえって蛇足です。
リスタートの初めの一歩はいたってシンプルなものにします。

増量細麺とカツオだし一本勝負です。

揚げ立ての天ぷらは季節の山菜と春鯛です。

b-19.jpg

新湊漁港の朝獲れの真鯛をご用意しました。
「春は鯛」 と申しますが、
いくら花見鯛とは申しましても天ぷらでは淡白すぎて
拍子抜けされる方もいらっしゃるかも知れません。

家康公が食べた鯛の天ぷらは「カヤの油」で揚げたものだから
良かったのでしょうが、この油は高価すぎて私には手が出ません。

その代りに
昆布で挟んで旨みを加味しましょう。
鯛の旨みを引き立たせてくれます。
b-18.jpg

山菜は
コシアブラ、コゴミ、ウド、ハナイカダなどをご用意させていただきますが
なにぶん収穫次第なので確約はできませんが、常時3種類ほどを
お付け出来ると思います。
季節を早取りして房総のそら豆も入手できました。
b-15.jpg

つけ塩は自家製の紫蘇塩をご用意しました。
さっぱりとした味です。
b3.jpg

もちろんそばつゆに付けても美味しく、またご飯とのバランスも
よろしくなります。
ご自由にお召し上がりください。
b2.jpg

次に薬味です。
晒しねぎと山わさびをご用意しました。
b-10.jpg

山わさびはそれのみだとあまりに辛過ぎますので
大根おろしに混ぜて出させていただきます。

これをツユに入れるのも結構ですが
ぜひ、試していただきたいのが
麺にひとつまみ乗せて麺と一緒にツユにつけて食べる方法です。
b-6.jpg

b-5.jpg

そうすると麺、ツユ、山わさびそれぞれが一体とならずに
口の中で調和するという不思議な食体験をお楽しみいただけるのです。

薬味、天ぷらと美味しいものをご用意はいたしますが
やはり主役は手打ちの麺です。

熱いラーメンですら確かなコシをお楽しみいただいておりますが
冷やすことでより一層の喉越しをご実感いただけるはずです。

麺増量で750円での発売開始です。
昼夜ともにご利用いただけます。

麺追加もできます。
こちらは通常の量目で200円となります。
季節の移ろいとともに仕立ては変化させていただきますので
このタイプは今だけです。
どうぞお早目にお越しくださいますようお願い申し上げます。

b-9.jpg





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1221-a47d3bd1