期間限定で麻婆ラーメンを先週から先行スタート致しました。
現在までの所概ね好感触をいただいております。

ところで、
この麻婆豆腐ですがもともとはれっきとした中国料理ではない
とか
いや中国の田舎のあばた顔のお婆ちゃんを模したものだとか
日本に渡った陳県民氏が考案したとか
色々な説があります。

が、
そんな事は日本人の旺盛で寛容な食欲の前には一切かかわりなく
給食からレトルト、麻婆の素、TVのCMと
すっかり日本のおなじみの景色として定着しています。

ひとつの料理が広く浸透すると必ず起こるのが
平準化
という現象です。
いわゆる万人向け、あるいは万人受けというモノです。

そこでは必ず砂糖と化学調味料が活躍をします。

そんな工場仕込みの味しか知らない人が専門店で食べると
必ずと言っていいほど拒否反応を示すのもまた仕方のない
事なのですが

この麻婆豆腐では
かつて「辛い!」
というクレームがついたことがあり大変驚いたことがあります。

エビのチリソースは辛くて当たり前だし
コショーはヒリヒリ、唐辛子はピリリと辛いように
麻婆豆腐はチリソースに入っている
辛味とコショー、唐辛子、ラー油がおなじように
食欲をそそるのだから

辛味もまた美味しさの一つであり元々本来の持ち味だからです。

なぜ麻婆豆腐が辛いというクレームになったかというと
おそらく今まで辛くないものしか食べたことがなかったのでしょう。

これは中国料理では「小児豆腐」(ショージ ドーフ)と呼ばれる別メニュー
なのですが残念ながら日本では辛味の無いものでも麻婆で通用しているのです。

また、
わたしは中国料理店時代には各種の醤を多用して
「陳家」のスタイルを通しておりました。
陳家麻婆豆腐と呼ばれる本格料理です。
単純な豆腐料理に深みと奥いきを持たせるためでした。


さて、この様に名前は同じでもその取り組みと志向
また顧客層によって様々なアレンジが出来るのが
料理の面白さでもあります。

これをラーメンに乗せるとどうなるのか?

例えば
家でカレーを作り
翌日普通のうどんにそのまま乗せればカレーうどんとして完結
するでしょうか?

おそらくカレーうどんとして完結させるにはそれなりの工夫を
与えなければ味の調和は取れないはずです。

なのでラーメンに乗せるのにも単なる一品料理を乗せればよい
というものではないのです。

考えてもみてください
インスタントラーメンにレトルトの麻婆を乗せただけの代物を

そんな物をプロが対価を得ようとして出すでしょうか?

少なくとも”価格を表示して出す”以上は
真剣に考えつくされ丁寧に仕上げたものでなくてはなりません。

当店では
平準化された退屈な味では作っておりません。
専門店としての誇りをもって麻婆ラーメンをお出ししています。
ga80.jpg

どうぞ足をお運びいただき味をお確かめください。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1218-314e9b12