まだまだ寒い日もありますが、ようやく雪も溶け始め
春の足音が近づいてきました。

雪中に足を踏み入れるのは億劫でも気持ちの良い日は外へ
出掛けたくなります。

そんな暖かい日にフキノトウを採りに出かけてきました。
フキノトウは早い場所では12月から出ていますが、そんな場所の物は
苦味が強くて好きじゃありません。

目当ては雪解けの下から萌え出るものです。
苦味が少なく風味の良いもの
ポイントとしては日当たりの良い場所は言うに及びませんが
畑や田んぼの畔などの農地の傍は避けています。

誰にも迷惑の掛からない
安全で安心な、日当たりの良い、雪解けの早いところ。

となると案外、ポイントは限られてきます。
なので往々にしてすでに採られてしまっていたりと
なんだか最近は急激にフキノトウ争奪戦が過熱しているようです。(笑)

この美味しさを沢山の人が分かち合えるのなら何よりですね。

今回のお目当てはもう一つあります。
フキノトウぐらいしか萌え出ていない雪解けの野原に
冬でも枯れないで頑張っているタンポポです。


最近はまっている蕎麦店でタンポポの新芽の天ぷらを頂いた所
香気と程よい苦味がとても美味しくて狙いをつけてきたのです。
ところがここではまだ新芽は出ていなくて硬く古い葉しかありません。

そこで根を掘り上げて持ち帰りました。
g74.jpg

よく洗い、刻み、乾燥させて、空焼きします。
g73.jpg ga23.jpg ga22.jpg

ちょっと背伸びして「焙煎しました」などと言いたい心境です。
ga21.jpg ga20.jpg ga19.jpg

これをすり鉢ですりつぶしてドリップして
ga18.jpg ga17.jpg ga16.jpg

「タンポポコーヒー」の完成!
ga15.jpg

味はかなり薄めです。
コーヒーそっくりだと聞いていたんですが・・
量が少ないのか、焼き入れが甘いのか?
なんだかコーヒーというより野草茶のような雰囲気ですね。

まだまだ本格的な山菜シーズンには間があります。
出来ればもう一度トライしてみたいものです。

フキノトウは大量に天ぷらにしました。
今回は残ったフキ天の活用法にトライしたのでご紹介しましょう。

まずは「天茶」です。
かの魯山人も好物だと記していますが、
このコツは冷えた天ぷらを用いる事だと言います。
揚げたてのものじゃいけないとあります。

大きめの器に半分程度の熱い飯を盛り、ざく切りにした天ぷらを置き
塩を一つまみ乗せてから熱々の煎茶を回しかけます。

g14.jpg

そこにお好みでワサビ、海苔、あられ、梅干などをあしらえば完璧です。

お次は「天むす」
ざく切りにして塩を一つまみまぶしておきます。
手に塩をつけてお握りを作り三ケ所に穴を空けて具を詰めます。
手早くまとめて海苔を巻いて完成です。

g16.jpg

長々にぎにぎとやっていると崩れる可能性があります。
手早く仕上げましょう。

次は「ピザ」
ピザソースを塗った上に刻んだ天ぷらを乗せてチーズを置き、
焼きます。
程よい香気がチーズによく合います。

g10.jpg

最後に「おろし煮」
ダシに味を付け大根おろしをたっぷり加え天ぷらを煮ます。
おかずにも肴にも最適でした。

g11.jpg


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1213-ff122aff