富山県高岡市の高岡農業組合さんが
やってくれました。
高岡市では今まで米栽培に偏り過ぎてきたという反省を踏まえて
地場野菜栽培に力を入れています。

なかでも里芋は天然海藻の成分を活用して「アルギット栽培」という
手法で美味しいものがあるんです。
fa-44.jpg

これで作られた焼酎がこちらです。
fa-40.jpg

fa-41.jpg

「高岡そだち」というネーミングは農業組合さんらしいですね。
この黄金色のパッケージは雨晴海岸の冬の風物詩
「気嵐し」  けあらし
(極低温の夜明けに海から沸き立つ水蒸気に朝日が燃えたつようなさま)
を表現しているのでしょう。
amaharasi 029

芋焼酎といえば鹿児島のさつまいもが有名ですが
本場には沢山の蔵があるとはいえ味や風味はほぼ似通っています。

でも焼酎でくくるとこの狭い日本でも実に多彩なものがあります。
麦や胡麻焼酎に始まりスダチなど様々なものから作られています。
でも今まで飲んだ中で「おっこれは全然違う!旨い!」と
思ったのが奄美大島の「黒糖焼酎」です。

こちらで求めたのではなく地元の方から頂いたものです。
ですから本当に旨いと思ったのはその一本だけで
こちらで買い求めてもその味とは全く異なっているのです。

この「高岡そだち」を飲んでまず、その黒糖焼酎の味わいを思い出しました。
さつま芋とは香りこそ近いもののふた味も違います。

ストレートで飲みます。
とろりとした、きつくないアルコールが舌の上で
まるで雨上がりの朝、木の葉の上に水滴が丸くとどまっているように
まんまるにまとまるような感じでするっと喉を滑り落ちていくのです。

これは旨いお酒です。

驚きました!

次にボトルごと冷やしてそのままストレートで飲みます。
これは冷えた分だけキリリとして次にトロリと甘く変化します。
これはいい酒ですね!

次に氷を入れてロックで
最後は水割りで飲みました。

水割りにしても甘さを感じます。
日本酒の甘さとも違うあくまでも良質の酒だけが持つ
角の取れた柔らかな甘味です。

鹿児島で言えばプレミアム焼酎の名も高い「魔王」
黒糖焼酎で言えばかなり高価な部類に匹敵する名酒です。
間違いありません!

気嵐のラベルに負けない威風さえ感じる飲み口です。

ニッカの「竹鶴」をグラスについで揺らし灯りに透かしてみます。
fa-35.jpg

fa-36.jpg

次に「高岡そだち」を
fa-37.jpg

アルコール度数の違いを考慮してみてもいかに
練度の高い優れた酒であるかがひと目で判ります。

口に含んだ印象も竹鶴に近いものを感じさせてくれます。
スモーキーフレーバーと芋の風味こそ違えどです。

これをウイスキーの空樽に詰めると恐ろしいほどの名酒に
なるであろうことが私にも簡単に想像できます。
それをお願いしたいくらいですね。


何はともあれこの素晴らしい焼酎の誕生に祝杯をあげることとし、
本格的な販売開始をいまから待ちわびましょう。
もしかしたら
高岡発の新プレミア焼酎の誕生となるのかも知れません。
それだけの実力を確かに持っています。
fa-39.jpg
fa-38.jpg



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1206-a2bfd368