日常の食生活は基本を粗食と行きたいところですが
生来の酒好き煩悩の塊ゆえにどうしてもカロリー高めのものを
手に取ってしまいます。

また冬期はよほど気を付けていないと野菜不足にもなりがちです。

そこで一石二鳥を狙ってふりかけを作ることにしました。

最初にトライしたのが「もずく」です。
きっかけはひょんなことでした。

美味しくなかったのです、このもずくが!。 
そのあまりに味のない
表現の不能な程のまずさに一回は捨ててしまおうかと
思い、外まで持っていったのですがそれでは食材に対して
申し訳なさすぎると思い返してふりかけに仕立てました。

f-26.jpg

結論
とても美味しくなりました。
海の味わいですが昆布ともワカメとも違う風味がしました。
もっとも、これはウチで加えた沖縄天然塩の風味だったのかも
知れませんが・・・ 

でもこれはおすすめできません。
1,000円程のブツが小鉢一杯ほどにしかならないからです。

次に試したのが大根の漬物の葉。
細かく刻んで乾燥させてすり鉢ですり、唐辛子などを加えて
ベースとします。

f-23.jpg f-17.jpg f-19.jpg

後はご飯のお供を自由にくわえるだけでOKです。

f-22.jpg f-16.jpg


当店には漬物がお嫌いなお客様もいらっしゃいます。
その方にお出ししました。
中でも古漬けが大嫌いだと言われるその人に
よりによって古漬け大根葉のふりかけです。

f-18.jpg

結果
きれいに食べていただけました。

お次は米ぬかのふりかけです。
今までにも何度か手作りの商品として購入することがありましたが
健康性という性能はさておき、
味に関しては少なからず不満がありました。

そこで今回は初めてのトライでしたが
その思いをぶつけるように好きなものをほぼ全部加えてみる
という暴挙を敢行したのです。

金ごま、干しエビ、じゃこ、かつお節、とろろ昆布、アオサノリ、
アサクサノリ、紫蘇ふりかけ、紅ショウガ、などなど

なんだか、米ぬかより後から加えたものの総量が多いような
気もしますがその分とても美味しくなってくれました。

f-1.jpg

これは楽しいですね。
病みつきになりそうです。

今年も忙しくなりそうな予感です。

原点回帰をご飯の味方として模索してみましょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1203-c7ed8323