サバカレーの成功で気を良くして翌日は
トーストにしました。
パンに塗り、とろけるチーズをのせて焼くだけですが
これがなかなかいけます。

dad-8.jpg

熱いコーヒーとの相性も良く
変な話ですがこれがサバだと知らなかったら解らないというぐらい
馴染んでいます。

ピザトーストも美味しいものですがカレーのトーストも悪くありません。
これなら欧風でもいけそうですね。

翌日は蕎麦にしました。
カツオだしで伸ばして塩と醤油で味を直して仕上げます。

eaa-15.jpg

サバがでしゃばらず旨みだけを添えてくれます。
ただ、粒々のスパイスがやはりカレーを主張しすぎかな?
とは思いますがトータルで言えばやはりまずまずの旨い蕎麦でした。

こればかりは欧風カレーには出来なさそうですね。

思えば
今年の正月にカレーの雑煮を食べたことが因縁になったんでしょうか?
これほどカレーを沢山作ったのも食べたこともかつてない事です。

しかし、過剰な油脂やてんこ盛りの添加物が無いだけで
これほど食べても全く後味の悪さや食べ飽きが起こりません。
いかにひどいものが出回っているかが良く解りました。

カレー専門チェーンではずば抜けてアルバイト離職率が高いと言うのも
むべなるかな。

『あぁ今日も仕事に行ったらまたあれを食べさせられるのか  

という状態になるのでしょう。
いつもの言葉で今年のカレーのトライを締めくくらせていただきます。

本当に美味しいものは食べた後に
違和感や不調、いつまでも口にべたつきなどは起こりません。

そんな異常が起こるのは、いくら口当たりが良くて
美味しいと感じたものであっても
よろしくないモノが入っているからです。

そんなものは本当の美味しさとは言えません。
美味しいか否かは体に聴けばたちどころにして判明するのです。

来年も気持ちを新たにして富山カレーを追求し続けましょう。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1197-c1d6b37c