2014.11.14 里山のキノコ
先日の昼過ぎ、里山のキノコを採りに行こうと
3:00になるやいなやそそくさと閉店して準備万端 
「さ! 行こうか」  となった途端に豪雨  

そのあまりの激しさに「止めようか」 とつい気弱になりました。

でも藪漕ぎをするならともかく
大きな木の下でしかも平地に出るキノコだから
見るだけでも行ってみよう
と欲張り根性を発揮して出かけました。

出る場所、出る対象、出る時期を全てつかんでいる
ピンポイントだからこその雨中行です。
とはいえ正気の沙汰じゃないのも事実。

出発するときから長靴を履く程です。

ところが!
目的地に近づく程に雨足が細くなり、だんだん弱くなって
到着する頃にはなんと路面が乾いているんです。

きっと雨雲が細長い奴だったんでしょう。
所により   というものなんですね。
こういう事もあるんだなと妙な感心をしてポイントに入りました。

朝夕の冷え込みが強くなってきて喜ぶタイプのキノコが一斉に
出ています。


採り始めたらここでもやはり雨が落ち始めるのです。
急いで収穫を終えました。
正味30分

まずまずの量を得る事が出来、雨の中を運転して帰宅。

冷えた体を温めるのにうどんを作りました。
採ったばかりのキノコを入れてキノコうどんにします。

山の香気一杯の美味しいうどんを食べながら
今年はあと何回山に行けるだろうかと話しました。

dao-19.jpg

もうそろそろ冬タイヤの出番です。
少々の積雪なら出掛けられるように準備だけは
しておかねばなりませんね。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1180-4e1feb07