2014.10.28 ずがにうどん
翌日、残りのカニだしでうどんを作りました。

これの盛んな土地では注文が入ってからミキサーに水とともに入れて
つぶすそうです。

味噌汁もそうやって作るのを見たことがありますが、
どうにも生きたままつぶすのは忍び難くて出来そうにありません。

いつか慣れて出来る日が来るのかも知れませんが
当分は無理でしょうね。

ダシに味を付けます。
酒、塩、しょうゆ少々、味噌。

そこに牛蒡のささがき、キノコ、薄揚げを加えて沸かします。
daj-4.jpg daj-3.jpg daj-2.jpg

今回は太めの乾麺を用意しました。
あらかじめ硬めに茹で上げておきます。

具材に軽く火が通った時点で麺を加えます。
仕上げまでの少しだけ煮込む時間で芯まで味が
染み込むという仕掛けです。

今回はカニの風味が淡白なのでこういうひと手間が必要に
なりましたが、味が強い場合は普通でOKでしょう。

おまけに割り込みの卵を入れます。

daj-1.jpg


まずまず、美味しくなりました。

しかし、重ね重ねこういう淡白なものを味わってしまうと
なおさらもっと強い味のモクズガニを獲りたくなってきました。

食い物の恨みは怖いのです。
いつかリベンジしましょう。

でも、カニとしてはやや不満が残りはしますが、
野山で調達した美味という意味では十分美味しい食材で
ある事には間違いないのです。

海にも、山にも、川にも美味しい獲物は沢山いるんですね。
感謝  


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1172-0667eac2