鱈の季節がやってきました。
鱈は深いところにいる魚で船で釣りに行っていた頃は
とても大きなリールで釣ったものです。

餌はホタルイカの冷凍。
何本も針を付け大きなおもりのついた仕掛けを落とすのですが
なかなか棚に届きません。

針掛かりしても船まで巻き上げるのに一苦労したものです。

それから間もなく電動リールの時代がやってきて
随分と取り込みが楽になりました。

大きな口から浮き袋が飛び出している姿もご愛嬌です。

北海道ではこの鱈が釣れるような深いところに(鱈場)
タラバガニがいるそうですが
富山湾にはそれはいません。

その代りといってはなんですがここ富山湾にも毛ガニが獲れます。

いずれご紹介出来るでしょう、

鱈を一匹丸ごと豪快にカレーにしてみたいところですが
それはいつかの機会に取っておくとして
今回はつつましく白子だけのメニューを仕上げました。

カレー本体はモクズガニの時の物です。
冷凍保存していたのを解凍して使用します。

白子をカツオだしで煮ます。
カレーを加えて味を整えて蕎麦に掛けるだけ。
dah-8.jpg dah-7.jpg dah-6.jpg

美味しいカレーを作って保存しておけばいつでも
応用が利きます。

焼きニシンの蕎麦をよく食べますが
蕎麦の表面は幾分ざらっとしているせいか
軽い油脂に非常に相性がいいようです。

dah-4.jpg

でも劣悪な脂肪などが多用されているものは
応用ができません。
日本人には日本人向けの物が必要なんだなと
思う次第です。

dah-3.jpg

プリッとした食感が美味しい白子カレー蕎麦でした。
白子もこのままだと美味しいのは確かに美味しいのですが
いつまでもこのままでは少々退屈になりますよね?

次回は
いつになりますかは判りませんが
もう少しカタチを替えてトライしてみましょう。
dah-5.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1169-506a9439