dag-13.jpg


リアルタイムの現在
里山に行くと自然薯の子供が簡単に採れます。
むかご  といいます。
dag-8.jpg

このむかごという奴は意外に幅広く存在しており、
山菜のヨシナの葉柄の付け根につくのもむかごと呼ばれますが
いずれも次世代の命をつなぐ種となります。

つまり栄養がたっぷり詰まっていると言う訳です。

先日これを収穫してきました。
dag-12.jpg dag-11.jpg

dag-16.jpg


普通はこれを炊き込みご飯にしたり、かき揚げにしたり
お好み焼き風に焼いたり、煮付けにしたりします。

今回はこれをカレーにしました。

芋なのですから
出来ないはずがありませんよね。

鶏肉を細かくカットします。
材料をむかごの大きさになるべく揃えるわけです。
柿、りんご 玉ねぎ

今回は鶏肉を炒めます。
後はいつもと同様スターターから始めますが、
昆布とカツオのダシを投入しました。

これは楽ちんです。

カツオだしは多めに作っておけば本当に手早く美味しい料理が
出来るので有り難いものです。
dag-7.jpg


スパイスと味噌、今回はカエンペッパーを入れずに
赤唐辛子を焼いてカレーの中でしごき取り辛味を加えます。

dag-15.jpg dag-17.jpg dag-6.jpg

この日はさらさらタイプのカレーに仕上げました。
dag-14.jpg

いかにも大自然の恵みといった味わいでとても美味しかったです。
dag-10.jpg


むかごはカレーに仕立てても独特のほっこりとした風味が残り
それがまたカレーを引き立たせてくれます。
都会風ではなく山小屋風のカレーといった風です。
dag-9.jpg


不思議なことに
肉とか野菜や果物はすべてカレーに馴染んでしまうんですね。
慣れている味だから無理ありませんが、
そこへいくと
むかごははっきりと異色なんです。
煮てるのに形も崩れず我が強い駄々っ子みたいに。

「オッス! オラ むかご  」  と

dag-1.jpg

でもそれがまた旨いんです。
どうぞ騙されたと思って一度お試しください。
わざわざ里山に採りに行くのは嫌だなとお思いのかたでも
今は直売所があります。

なんだか、いい風潮にいつの間にかなってるんですね。
感謝  
やっぱり栄養のあるものは食べて美味しいんです。
これ食の基本ですね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1164-140cf6d1