2014.10.04 鮎味噌を作る
鮎を網で獲る、捕まえるというと竿を持つ釣り師からみれば
堕落なのでしょうが、これが案外に面白いのです。

dac-10.jpg

私は能登出身で家内は鹿児島出身、どちらも子供の頃から
鮎にはなじみがなく今でも沢山は食べません。
それでも以前に比べたら食べるようになってきたかな?
と言う程度。

それも焼きたてを頂き物の美味しいスダチをかけて
ようやく美味しいと感じるレベルです。

以前はお昼のミニ丼で炊き込みご飯にしたり
それをさらにチャーハンにしたりしていましたが、
いまではそれも無くなり余るだけになりました。

それでその余ってしょうがない鮎を加工してみました。

こんな事を書くと
「鮎は塩焼きに限るんだ!
とのお怒りの声が聞こえそうですが
世には鮎味噌という類まれな絶品の酒肴があると聞けば
作ってみたいのが当然でしょう。

”鮎味噌を作るにはまず、大量の鮎が絶対必要条件となります”

    「あるよ」

というわけで始めました。
ところがその作り方を調べると

鮎を焼いてほぐし、味噌と混ぜる

え!?

そんなんでいいの?
だってネットで調べると最安値価格などと言うものが
勝手に表示されて 150g入りで 2,160円 っだていうのに!?

そんなんじゃ美味しそうじゃないな~?

と不吉な予感が走ります。  

というわけで色を付けてみました。
まず、富山のクワイ川とでも呼ぶべき一級河川で蓼を収穫します。
鮎といえば蓼に決まっているからです、

次にネギをどっさり切り、よーっく炒めます。
味噌を加えてネギ味噌を作ります。

dac-4.jpg

蓼を良く洗い、水を代えて3日間さらして
葉を刻みます。
葉脈を切るためです。

dac-8.jpg

すり鉢でよく擦ります。

dac-7.jpg

そこへネギ味噌を投入。
そこへ焼いてほぐした鮎を混ぜます。

dac-3.jpg

ここで大問題です。

養殖の鮎と違って天然の鮎というのは
はらわたに小砂利の入っていることがあるんです。

それじゃ腹を出して焼けばいいんじゃないの? と
普通誰でも思いますよね?

しかし!  なぜ今作るのか!  と言う点です。
これが無ければお話にならないんです。

今の時期 卵と白子が入っているんです!
子持ち鮎のハシリなんです。
つまり未完熟の最も美味しい卵という貴重な一瞬間。

というわけで慎重にはらわただけを除去しつつ、
卵と白子はしっかり頂いて混ぜます。
混ぜます。

dac-2.jpg


混ぜます。


完成!

dac-1.jpg

旨いじゃないの!

ご飯にのせても、そのままおつまみにしても美味しい
鮎味噌の初挑戦の巻でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1148-0df6d68a