タイ風にグリーンカレーを作ってみました。
とりあえずテキストを見るとグリーンカレーペーストというのが
載っています。

ところが当然ながら身の回りに無いものばかりです。
そこで身の回りにあるもので代用して集めてみました。
以下の通りです。

粒コショー               20粒       ブラックペッパー  少々
パクチーの根みじん切り   大匙1 1/2       シャク        少々
ピューマックルーみじん切り 小匙  1        山椒(木の芽)   3本
レモングラス薄切り      カップ 1/2       スダチ果汁     少々
プリッキーヌー   40本      唐辛子(赤青)   4本
ホムデン                 5個分     タマネギ(中    2個
カピ               大匙  1/2       蝦醤      小匙 1
クミン(粒)           小匙  1/2       クミン     小匙 1/4
ナツメグパウダー       小匙  1/2 ナツメグパウダー  少々

以上がグリーンカレーペーストです。

また調味料にもややこしいのがいます
バイマックルー   はスダチの皮で代用しましょう。

しかし、いくら有り合わせでやっても元の味とは程遠いのは
アタリマエ
そこでテキストには無い地元ならではの
とっておき食材を用意しました。
タデです。
辛い栁蓼をたっぷり加えます。

ちなみに「シャク」とは春の山菜でお馴染みのセリ科の植物です
山にも河原にも美味しいスパイスがたっぷりとあるんですから
どうせなら近づけるというより開き直って富山の味を出してみましょう。

さてさていかがなりますか?・・・

その前に
     テキストから引用させていただきましょう・・・・

(引用ここから)
タイでは数多くの料理がコツコツとスパイスを潰すことから始まります。
その作業に使われるのがクロックといわれる石臼。
このクロックの音で料理の美味しさがわかるともいわれ、
よい音を響かせる女性と結婚すれば幸せになれるという言い伝えも
あるとか。
(引用ここまで)
インドでも同様の調理道具があります。
やはりスパイスや香辛料、特に粒コショウやクローブなどの
固いものも潰すことができます。

残念ながらウチにはありません。
でもアナログな私の力強い味方すり鉢があります。
今回もこれで挑戦してみました。

続きはメインのPCが復活次第アップしてみます。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1142-388b094e