カレー料理はなにもカレーライスばかりではありません。
富山テイストで他のメニューも試してみましょう。
まず、カレーパエリャです。

パエリャ鍋に鶏脂を引き通常のカレーと同様
たっぷりのにんにく、クミンシード、マスタードシード、フエンネルシード
それに自家製ベーコンを炒め、ぱちぱちと音がたったら洗い米を入れて軽く炒めます。

caa-26.jpg

アユカケの時にとったフュメドポアソンを入れて
魚以外の具材を足します。

x-3.jpg x-10.jpg

その他のカレースパイスを加えます。

スープの量はコメの4割増し程度の分量とします。
コメが200㏄ならスープは240ccくらいですね。

x-2.jpg x-9.jpg

スープが少なくてもカレースパイスの種類は同じ、
調味料も量こそ少なくても入れる種類も同じです。

スープが煮立ってきたら魚系を乗せます。
アユカケとパーナ貝を乗せて、ふたをします。

x-1.jpg

インディカ米はふたをしないでも大丈夫みたいですが
日本のコメはやはりふたをしたほうが無難なようです。

湯気が収まってパパリと音がしたらすぐに消火。
そのまま20分蒸らして完成!

x-8.jpg

x-7.jpg

とても簡単にできます。
速い、簡単、旨い!   休日はぜひトライしてみてください。
ピラフともチャーハンとも違うポイントがこれ!
x-5.jpg

香ばしいオコゲ!
これが御馳走なんです!
x-4.jpg


有りそうで無さそうなカレー料理まだまだ続きます。
正しく手間暇をかければ料理はどこまでも美味しくなってくれます。
安っぽい魔法の粉なんか使うと余計安っぽい仕上がりにしか
ならないっていうのがよっく解ります。

x-6.jpg




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1141-ce199208