海藤花(かいとうげ)とも呼ばれるタコの卵。
今回はこれを富山カレーに仕立ててみましょう。

cb-41.jpg

タコの頭をひっくり返すと丸い白い卵が入っています。
これに醤油とカレー粉をまぶして置き、
昆布だしでカレーを仕込み、
途中から卵を投入して仕上げます。

こうなりました。

cb-37.jpg

ところが硬くてスプーンではカット出来ません。

cb-35.jpg

カットしようにもごろりと逃げてしまいます。
ある程度火が通ったらカットして仕上げた方が良かったですね。

しかし、カレーとしてはまずます美味しくなりました。

なんというか
スパイスの魔術とでも言いましょうか
何を入れても、何で作ってもスパイスさえきちんと入れると
ちゃんとその分だけ応えてくれるといった感じです。

しまいにはフォークで押さえてカットしました。
中までは味がしっかりとは入っていません。
ちょっぴり残念です。

cb-34.jpg

でも寒くなると巨大なミズダコが上がり始めます。
当然頭の中には超巨大な卵が鎮座しているのです。
もし、幸運に恵まれたらトライしてみましょう。


ジャニスの祈り
ジャニスジョプリン




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1138-739d4eeb