新湊港ではアカニシ貝という貝が獲れます。
バイガイと同じような深い海溝でのかご漁の獲物です。
富山県内でも知らないという方が多い筈です。
癖があるから好みは分かれるといいますが若干磯の香りのする
これは荒磯の少ない富山湾では貴重な美味に属する一品だといえます。

能登、穴水町の「幸寿し」さんではアカニシ貝の握りを出してくれますが
obt 034 obt 047

obt 048

こちらの新湊産のはとても大きいのでもしかしたら別物かもしれません。
大人の握りこぶしほどもあります。
caa-66+.jpg


これも富山カレーに仕立てましょう。
大型の巻貝ですから基本はバイガイと同じですが
さて、どんな景色を見せてくれるのでしょうか?

昆布だしで茹でて中を引き出します

caa-64.jpg caa-62.jpg caa-61.jpg

上身と肝を使い真ん中の腸を捨てるのもバイと同じ
ここでバイガイで書き忘れた点を記しておきましょう。

上身の後ろ、人間で例えるなら後頭部(?)
ここに包丁を入れ、中の腸管を除去します。

caa-60.jpg


二個分の肝をすりつぶして混ぜスパイスたっぷりに
仕立てます。
上身は初めから入れて煮ます。

完成したら身を取り出して適当にスライス。

caa-58.jpg


これもとても美味しく仕上がりました。
大型の貝類にはたっぷりの旨みが内包されていて
海の力強さを改めて実感します。

巻貝同士ではあってもバイガイとはまるで違う
じっくりと煮込んだ身はまるで蒸しアワビのような
むっちりとした歯ごたえでカレーとの相性も抜群です。
これも使えますね!

こんなに美味しくなるとは思いませんでした
アカニシガイの富山カレー  最高です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1135-2adf48be