ヒラタケはよく解らない奴です。

a-83.jpg

ヒラタケを初めて採ったのも10年ぐらい前です。
能登では見たことがなかったキノコです。
夢中になって採り回りました。
嬉しくて金沢に住む姉にまで送りました。

ところが興奮が冷めてみると全く美味しくないことに気が付くのです。
大いに落胆し、栽培種のヒラタケの方がよほど美味しいと思い
採ることをやめました。

マイタケ名人のYさんも採らないと言います。
誰かのブログでも栽培品のほうがよほど美味しいと書いてありました。

マイタケ名人がムキタケやヒラタケに目もくれないのは
なにもそんな雑キノコを見下しているばかりでは
ありませんが  ま  その話は項を改めましょう。

昨年は沢山の種類が採れたのでその勢いでヒラタケも
久しぶりに採り、焼いて食べてみました。
今までだったら絶対にやらないだろう調理法で
しっかりと確かめたかったからです。

a-36.jpg

これが意外や美味しかったのでその後のヒラタケ採りに
エンジンが回る事と相成った次第です。

ヒラタケは栽培種が沢山出回っていますからどなたもご存知の
キノコです。
でもこの二枚の画像で色が違うのがお判りでしょうか?

a-28.jpg f-43.jpg


市販品はどちらも美味しいのですが
天然の場合は堅果類木に出るのは黒っぽいタイプが多く
柔らかい雑木に出るのは白っぽいタイプが多いように
見受けられます。

a-49.jpg a-53.jpg a-51.jpg


黒っぽいものより白っぽいものが出がよろしいようで
盛大にわんさかと発生します。
この場所のものだけで恐らく山菜リュック一杯になるほど
出ていました。

恐らく  というのはここでは採らなかったからです。
そう、先ほどの黒っぽいタイプは焼いて食べても旨かった
のですがかつて狂喜乱舞した美味しくないのが白っぽい
タイプだったのです。

触った触感も異なります。
まだすべてのタイプを知り尽くした訳じゃありませんから
今はここまでしか書けません。

しかし、市販品は白、黒どちらも美味しいことからすると
収穫量と味わいといかに研究しつくされているかが解りますね。

実は食材としてのヒラタケは「オイスターマッシュルーム」と
いう名で缶詰めなどでも流通しています。
中国料理店でも多用されています。

ですから
生のヒラタケも応用のしやすいキノコです。
揚げ物、炒めもの、煮込み、鍋物と多彩です。

f-37.jpg

a-35.jpg


が、
残念ながら主役にはなれないのが痛いところです。
所詮は雑キノコといったら可哀想すぎますが
これがキノコ番付のある所以といっておきましょう。

パスタで

b-31.jpg b-33.jpg b-34.jpg b-22.jpg

イカと漬け菜と炒めもの

b-47.jpg


シイタケと属が近いそうでして
乾燥して保存することも可能です。
水で戻すと旨みが増すように感じられます。

昨年は久しぶりにヒラタケを沢山採り、食べました。
そして未成熟な結論。

黒っぽくても美味しくないのもあります。
ヒラタケは良く解らない奴らです。

もっともっと沢山採って食べないとこれ以上は
判らないのでしょうが果たして続けられるのか
ちょっと自信がありません。

a-38.jpg a-73.jpg

a-82.jpg a-72.jpg

最近の温暖化の影響からか身近な公園や里山に枯れ木が
多くなったおかげでどこででも採れるようになりました。

でも見間違えやすいキノコにツキヨタケという毒菌があります。
採取にあたってはネットなどで十分それらの特徴を予習してから行ってください。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/1095-247e3c92