2007.10.12 カマス棒寿司
カマスの本当の美味しさを知らない人になんとか伝えたいと最近はなかば意地になっています。

今回は焼き寿司に挑戦です。
ウチのラーメンには砂糖の入ったものは不調和でしたが繰越効果でなんとか寿司飯ぐらいなら合わせられるまでになりました。

寿司は食べるのも好きですが門外漢ながらも作るのも好きなのでこれからは色々と挑戦が出来そうです。

3枚におろしたカマスを一塩あてて一晩休ませます。
20071012161207.jpg背中に格子目の切り目を入れ
 串に刺し
 直火で焼きを入れます。



20071012161227.jpg 焦げ目をつけたら
 素早く冷水に取り
 熱いうちに串を抜きます



20071012161253.jpg 水からあげてタオルで拭き




20071012161314.jpg 酢に漬けます





20071012161331.jpg その間シャリの用意
 合わせ酢を入れ
 切ります。
 これは家内の仕事で私は苦手


20071012161350.jpg 大葉や白ゴマ、
甘酢漬けみょうがと生姜を混ぜます。




20071012161413.jpg 巻き簾にラップを敷き
 小茶碗くらいのシャリをのせ
 魚を乗せます



20071012161439.jpg
 軽く形を整えたら
 両端を畳みます
 我々門外漢は上からやたらに
 押さえれば良しと思い勝ちですが

それでは両端にはみ出るばかりなのだそうです。
ですから、端をまず閉じてから
20071012161503.jpg
 向こう側をしっかりと押さえて




20071012161524.jpg
 手前をぎゅ~っと締めこみます
 
 これで巻き簾は早くこわれますが


20071012161545.jpg ラップごとカットして
 はぐって盛り付け。

香ばしくておいしいです!
カマスも今の時期なればこそのかすかな脂が乗っているから出来る調理です。
冬になれば太刀魚などでも出来そうです。
しかし、本職のプロのようにはいきませんから時間はかかりました。

なんとかお昼に間に合いましたが冷や汗ものです。
プロのあのチャッと細巻を仕上げる素早さに羨望します。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/tb.php/102-8bc4ab80