FC2ブログ
長らくお休みをいただいて申し訳ありませんでした。
2月12日(水)より限定メニューを再開いたします。
第一弾は福島県の大人気メニュー「白川ラーメン」です。

ところで
当店では青竹打ちで製麺していますが、これは古典的中華麺の
製法です。

当店のように散発的に行っているのは山形や東京などに数件
ありますが、地名が付くほどに盛んなのは第一に栃木県の
「佐野ラーメン」  これは昨年実施しました。

もう一つの雄が今回の  福島県の「白河ラーメン」です。
なお、北陸での青竹手打ち製麺は当店のみ。

白川ラーメンの誕生のいきさつは横におきますが現在は圧倒的に
「とら食堂」さんが大人気で、こちらで修業を終えて出店したところを
含めて一大勢力となっているようです。

特筆すべきは
二代目当主竹井和之氏の言葉です。
一部抜粋してみましょう。
人任せに出来ないその性分から多店舗化を嫌い、早朝から毎日
仕込みを励み、
「ラーメンでひと儲けしてやろうなんて考えの奴には出来ない」
「本当に旨いものを作ろうとする奴じゃないと出来ない」
「好きでないとできない仕事だ」

どうですか? 感動するじゃないですか?
私の心の奥にははずっしりと響きました。
実践している者にしか言えない言葉で、
私の心にも直接に響きます。

そう、私も同じです。
全く同調出来ます。

これは
今年の一番をお送りするにふさわしい企画となります。

麺は太麺、スープはかつおだしとのWスープ。
煮豚と釜焼きの二種類のチャーシュー。
地元産のタケノコ、ネギ

jy42.jpg

これだけで十分なのですが、長いお休みをいただいたお礼と
新年の祝いを込めて「巾着」とカリフラワーを乗せましょう。
巾着には鶏団子などを詰めました。

jy41.jpg

カリフラワーはロマネスコという変わった形の品種です。
メンマ代わりのお口直しに。

さっぱりとしながら味わい深いスープと
それをしっかりと受け止める手打ち麺。

肉のうまみを残しつつ、その味わいがスープに溶け出て
一杯のラーメンを微妙に変化させる
「スープに貢献するチャーシュー」

これぞ誰もが好む一杯  と自負します。

期間限定「白河ラーメン」    900円
土日祝を除く平日のみ、 昼夜OK。
麺の追加一玉  200円

自家調合柚子七味を添えて2月12日よりスタートします。

その後は材料をたっぷりと仕込みましたので
通常の2週間体制よりも長く実施できるはずです。

また白河ラーメンは竹井和之氏の言葉に深い感銘を受けたことも
ありますが、個人的にも追求し続けたいカテゴリーでもあります。
なぜなら、青竹打ちラーメンの行き着く究極の形のひとつでは
無いかと考えているからです。

手打ち麺の良さを引き立てるひとつの完成形
もちろん
当店の濃厚スープもそのひとつと自負してはいますが、
今回はそれを実証すべく

数種類、カタチを変えて継続したいと考えております。
よって
その予定ですとほぼ6週間かそれ以上白河ラーメンを
続けることになるやもしれません。
もはやこれは万里の白河ラーメン祭りなのです。

jy40.jpg




I believe

スポンサーサイト