FC2ブログ
ミョウバンの危険性
「ミョウバン」をご存じですか?
私はかつて無添加食生活の勧めを提唱し始めた頃に
ナスの漬物でこれを使う事に疑問を感じてメーカーに問い合わせた
ことがあります。
「問題ありません、古釘を使うより安全でしょ?」と言われて
すっかり丸めこめられてしまい使い続けていました。

このように
ナスの漬物では色出しと色落ち防止目的で少量使います。
多く入れ過ぎると渋みが出ますから少量が適切です。

ところが今回この本を見て衝撃でした。
「ミョウバン」というのは別名だったのです。
袋の裏書きでも「ミョウバン」としか書いてなかったのにです。

本名は「硫酸アルミニウムカリウム」というそうです。
なんとアルム化合物だったんです。

添加物には自然天然のものもありますが
化学合成されたものが多くてそれらは一見無難な表示がなされています。

たとえばVCとあればビタミンC  ですが科学合成されたそれは
体に良いとは決して言えない代物だったりします。

一番の恐怖は合成過程で混入する不純物の存在ですが
アルミはそれだけで十分危険な代物なのです。

ミョウバンはそれのみだったりベーキングパウダーに入ったりと
私達の生活の中で広く浸透しているのだそうです。

茹でだこのぬめり採りと、色よく茹で上げる為と退色防止。
栗やゴボウをこれで前処理をしておくと歯切れがよくなるので
栗きんとんやキンピラゴボウにも使われます。

また魚や野菜の煮崩れを防ぐのにも使われ、つまり味噌以外には
何に使っても良いとなっていてあらゆる食品に入っているのだと言います。

食品以外ではわきの下にスプレーするようなものにも使用されていて
色々な形で広く使われているのです。

このアルムニウム化合物はあまりにも多く使用されすぎているので
アルミニウムの過剰摂取が問題なのです。

... 続きを読む
スポンサーサイト
前回に続きグリシンの事を書きます。

その前にこの本の著者のご紹介をしましょう。
小藪浩二郎氏は香川大学農学部を皮切りに九州大学大学院
農学研究科修士課程、京都大学薬学部研究生、などを経て
製薬会社研究所研究生、食品添加物等の安全性研究所研究員
などの経歴を持つ添加物の専門家です。

この方が言うには
食品メーカー、工場、スーパーやコンビニなどの
一連の流れの中で添加物の事を理解している人は誰もいないそうです。

ましてやその害や身体に及ぼす危険に無関心であるとさえ言います。

そう皆、見てくれが良くてよく売れて儲けさえ出れば人の体の
事なんか構っちゃいないのです。

添加物と言うと入念な試験検査を経て人体に害がないか
しっかりと調べてから認可されると思っていたら
案外簡単に認可が下りている
ということも初めて知りました。

おっと前置きが長くなり過ぎましたね。
驚愕の内容はおいおい書くこととしてグリシンの事を続けましょう。

なぜこんなものを加える必要があるのでしょうか?

グリシンはアミノ酸ですから調味料(アミノ酸等)として使用されます。
また少し甘味を持っているので味の面でも色々な食品とよく合います、。
しかも爽やかな旨みがあるのです。
さらに、他の調味料の」旨みを引き立たせる効果もある上
化学合成で非常に安く大量に作れるのです。

ですから色々な食品にたっぷり添加できるのです。

ちなみに著者はこのような添加物でありながら
食品の皮をかぶって添加物の指定を受けないモノを
隠れた添加物と呼んでいます。

グリシンには保存料としての顔もあります。
この日持ち向上を目的で添加した場合には「グリシン」の
表記が義務付けられています。

つまりアミノ酸等とグリシン表記の両方に入っている
可能性だってある訳です。

微生物の繁殖を抑える作用もありますからお惣菜をはじめ色々な
食品に頻繁に使われているのです。
普通味を良くする目的では1%前後。
微生物の増殖を抑えるためには2%~3%前後を添加します。

またグリシンにはご飯の艶を良くする働きもあります。
弁当やおにぎりには最適ですね。

またこの本には触れられていませんが
まず、ご飯類の大問題として古米、古古米対策の一環として
採られている炊飯添加剤の問題があるのです。

こちらにはそのことが詳しく書かれています。
興味のある方も無い方もご参考までにどうぞ。
無関心はわが身を滅ぼす毒です。
世の中には悪意が蔓延しています。

化粧するご飯

ー引用ー
味の素の新聞広告を見ますと一日一本を目安に一日の終わりに
3g飲むように書いてあります。
(中略)
食品の菌を抑制するには2から3%くらい添加すると説明しました。
グリシンが3%添加されている弁当とかおにぎりを100g、2%であれば
150g食べると眠くなることになります。

弁当やおにぎりのご飯とおかずに添加されていれば
200gくらい食べる事は普通にあり得る事です。
私が最も恐れているのは居眠り運転が原因の事故です。
(中略)

楽しい休日、お母さんは前の日にスーパーで買ってきておいた
美味しそうなカマボコ、ウィンナー、ダシ巻き、佃煮、和え物、
焼豚を盛り付けたお弁当を作りました。
これらの具材には日持ち向上のため、グリシンがたっぷり
添加されていました。

しかし、添加物などお構いなし、それよりはご主人や可愛い
子供たちの好きそうなものに気を遣っていました。
(中略)
最近はトラックなどの追突事故が目立つようになりましたが
居眠りの不注意が原因かもしれません。

警察は運転手の「居眠り運転」で処理して終わり。
居眠りの原因を追究してもせいぜい「疲労」でしょうか。
「グリシン」などと言われることは皆無でしょう。

立証は極めて困難ですから。
だから恐ろしいのです。
正面衝突された相手方まで悲劇です。
ー引用ここまでー

筆者は優秀な方々がメーカーや厚労省にも沢山いるのに
何故このグリシンの危険性に気が付かないのか
不思議でならないと嘆き、
一刻も早く食品への添加を中止してもらいたいと書いています。

では具体的にどんなものに添加されているのか見てみましょう。
弁当、おにぎり、サンドイッチ、カマボコ、竹輪、はんぺん、
ソーセージ類、菓子パン、アンパン、大福類、ケーキ、
柔らかい洋菓子、柔らかい和菓子など。


グリシンの事は今回で終わります。
その他にも沢山ありますから時間を取ってまだまだ続けてまいります。

ですが、
ここで私がいくらブツブツ書いていても所詮はごまめの歯ぎしり
でしかありません。

全国交通遺児の会、とかトラック協会とか政治家の皆さんまでをも
巻き込んで声を上げなければ不可能なような気がします。

ですが日々の食事はそんな事を待っている訳にはいきません。
せめて裏書きを見て「グリシン」と書いてあるものを買わないようにと
筆者は訴えています。

私も心から皆様の安全とご家族の為に「是非」と強調
したいのです。

時代劇では「おのれ!一服盛りおったな

となるほどの物が堂々としらばっくれて陳列されている事への
せめてもの抵抗をしようではありませんか。


shogun 「おとこ達」




最近悲惨な交通事故があまりに多くて不思議に思いませんか?
どうして子供の列に突入するんだろうとか疑問に思いませんか?
夜間の高速バスで事故なんか起こされたんじゃひとたまりもありませんよね?

最近こんな本を読んでその原因のひとつじゃないだろうか?という
箇所を見つけました。
「スーパー&コンビニの食品添加物は死も招く」

よくある添加物の害を煽るだけのたぐいの本じゃありません。
誰の身にも起こり得る
大切な家族や周りの人を巻き添えにしかねない重大な危険です。

その危険なモノの名は「グリシン」
商品の裏書きを見る人なら誰でもどこにでも見るので『あ知ってる』
となるでしょうね。

私もその名はよく見かけるのですが実態は今回初めて知り
あまりの驚愕に怒りを覚えて書かずにはいられなくなりました。

まず、これは食品扱いという事で添加物に指定されていない  点
なので何にでもどれだけ入れても一切規制が無いという    点
そして恐ろしい事にこれには催眠性があるのです。

添加物メーカーはその効果をよく知っていてこんなものを販売しています。
最近ネットを検索するとしばしば広告が表示されますよね。 

味の素kkの眠りのサプリ 味の素眠りのサプリ 「グリナ」 

時間が無いので今回は取り急ぎこれだけにしておきます。
ー続きますー




RC
明日なき世界


バリーマクグァイア