FC2ブログ
「蓮店主」の置き土産はまだまだ沢山ありますが
そのうちの一つが今回のラム肉です。
今まで美味しい羊肉を食べたことが無かった私ははっきり言って
『え”~っ?』と思いました。

ところが彼もまたかつてはそう思っていたというのです。
でも、北海道の美味しいラム肉にはまってしまい
友人たちと(バイク仲間多数)バーベキューをする時には
ラム肉を大量買いするほどになってしまった  
というのです。

それで、白状すると内心恐る恐るというか半分嫌々で
お勧めの肉を食べてみたら印象が一変しました!!

旨いのは確かにとても旨いのですが、それ以上に
今まで食べたことのないジャンルの味にたちまち虜に
なってしまったのです。

これは大至急ラーメンで出さねばっ  と決心しました。
美味しいラム肉、羊肉を食べたことが無いという方。
不味い羊肉の印象をお持ちの方。
ハッキリ言って損をしています。

ラム肉の脂肪は体に吸収されないヘルシーな肉なのだと
言います。
是非お試しください。

ただ一つ難があるとすればややお高いのが残念な点。
今回はアイスランドのラム肉をご用意しました。

シンプルに塩焼きでお付けします。
あえてコショウは振りません。
臭み消しなど全く不要の美味しく、柔らかい食味をお楽しみください。

ボリュームアップの為、能登健康鶏のスライスもつけて
塩ゆでのエビを乗せます。
jb112.jpg


スープは丸鶏とエビだしのW仕立て。
焼きネギと丘ワカメを添えて完成。

別皿におぼろ昆布と焼きワカメをご用意しました。
途中から加えて変化をお楽しみください。

麺はデュラムセモリナ粉と昆布微粉末配合の平打ち麺。
jb110.jpg


丸鶏とえびの旨みがぎっしりと詰まった贅沢な一杯です。

jb111.jpg


期間限定「塩ラーメン」(ラム&チキン)  1,200円
土日祝を除く平日のみ、 昼夜OK
麵の追加一玉 200円
10/1(月)よりのスタート 2週間の予定
ただし、
毎月第一水曜日は店休日なので10/2(火)3(水)は連休となります。








スポンサーサイト
前回に続き
今回も美味しい富山産ネギをピックアップしたメニュ-を。

実はこの富山産ネギ、小杉の「蓮店主」の置き土産なのです。
彼は20代前半から会社経営に携わって来たという経緯があり
事業経営というスタンスに立って物事を進める事を得意としており

部下の育成にはこう、仕入れにはこうといった確かな経験に
基づいた知見があり、その熱意で県内を駆け回り
季節に応じた旬のネギを定期的に入荷できるように手配して
くれたのです。

ただし、富山には豪雪の冬季があります。
地元産のネギが無い時期はやむなく県外産を使う事を
予めお断り申し上げておきますが、

県外産は収穫してからの日数と輸送コストが掛かるため
割高で硬いのが現実。

つまり、今。
地元産のネギを定期的に入荷できるということは
柔らかい、新鮮、旨い、それに安価
だ・か・ら・美味しいネギをたっぷり惜しみなくご提供できる
という事なのです。

コレ全て「蓮店主」のおかげです。
感謝
と言う訳で表題に戻りましょう。

ラーメン店主には様々な業種出身の方々がいて
和食出身の方は流石和食ならでは  を丼の上に表現され、
フレンチ出身の方は流石洗練された一杯を
イタリアン出身の方は流石華やかな一杯をそれぞれものされます。

そこで今回はゴリゴリの中華を演出してお見せしましょう。
 「葱爆牛肉麺」(ツォンボゥ ニュウロゥメン)です。
中華出身の私が作るダイナミックチャイニーズ dish をそのまま
丼に乗せます。

jb56.jpg

美味しいネギが隠れた主役
たっぷりのネギを炒めて牛肉と合わせた一品を乗せます。
ボリュームたっぷりの本格中国菜をもちろん無添加で御調製
致します。

jb57.jpg

味の素や発酵調味料など一切使わずとも美味しく出来るんです。

炒めものと言うのは簡単な調理法と見られがちですが
奥義を極めるのはなかなか難しい調理です。
極意は
油を使いながらも油こくなく
油を使いながらも油をまとわせ過ぎず
油を使いながらも油を落とす工程を入れ
瞬時に味をつける

だから美味しい油が程よく、火入れの加減の良い
食後も油もたれのしない一品になるのです。

油まみれでベチャッとした素人炒めではいけません。

百聞は一食に過ぎず
どうぞご賞味ください。

jb54.jpg

麺とスープはレギュラーの物です。
jb50.jpg

今回は別皿にナンプラーとサンバルという唐辛子を加工したものを
合わせてご用意しました。
豆板醬とも違い、酸味があるのでさわやかな辛味で
口当たりをさっぱりとさせる効果があります。
小辛です。
jb52.jpg


例によって激辛をご所望の方は焼き唐辛子の用意がございます。
遠慮なさらずにお申し付けください。

期間限定「ネギラーメン」(葱爆牛肉麺) 1,000円
土日祝を除く平日のみ、 昼夜OK
麵の追加一玉 200円
9/19(水)よりのスタート
月末28(金)までの予定。

ダイナミックな一杯となりました。
jb55.jpg jb51.jpg




お馴染の「パイコーメン」の再登場です。
数年前のラーメン特集号にこのご紹介をしたばかりに毎年数人が
これ目的てご来店されてその度に定番メニューではないとの
お断わりをする羽目になっております。

さ、今度こそやってますよ!と
でもしかし、二週間だけの登場なんです。

今回は地元の柔らかいネギをたっぷりと乗せます。
下味をつけたねぎをどっさりと・・・
ja31.jpg


巷間
この下味をつけずにただ小口切りしただけのネギを多く乗せた
ものを「ネギラーメン」と称するところもありますが
それは些か野暮というものです。

その伝で言うなら当店では毎日ネギラーメン・・・。

その上に揚げたてのパイコーを乗せます。
ja30.jpg

混然一体の美味しさをご堪能ください。
これも毎度申し上げておりますが

簡単にフライヤーで揚げたのでは美味しくはなりません。
フライヤーで揚げた から揚げやパイコーは揚げ切ることが
困難なのでどうしても揚げ油が混入してしまうのです。

劣化した揚げ油の安全性を無視してでも、まず、美味しくはなりません。

この手のモノはやはり高温でカラリと揚げ切らないといけません。
揚げ物は細やかな温度調節がキモです。

今回は別皿にMixカレーチリスパイスをご用意しました。
ja29.jpg

パイコーの下味にカレー味がなまじあるものだから
体がスパイスを求めてしまい不足感を感じてしまう
というので
いっそ
とご用意しました。

辛くない唐辛子にスパイスを混ぜました。
これを加えても小辛にしかなりませんのでご安心の上ご賞味ください。

結果
カレーの2連荘となってしまいましたが2杯分のお味をお楽しみいただけます。

でもそうすると
だからぁ辛くないのはカレーじゃないんだってば
とお怒りの方々のために
特製ラー油と焼き唐辛子も用意しております。
どうぞご遠慮なくお申し付けください。

期間限定「パイコーメン」 900円
土日祝を除く平日のみ、昼夜OK
麵の追加一玉  200円

本日9/3(月)よりのスタート 2週間の予定です。
なお毎月第一水曜日は定休日となっております。
9/4,5は店休日です。

よろしくお願い申し上げます。



ay; encrypted-media" allowfullscreen>
お盆の休暇を3日間頂いて毎日仕込みをしていました。

カレーはインスタントのルーやカレー粉だけで作ると誰がやっても
どんな材料でやってもほぼ同じ味にしかなりませんが、
スパイスを調合して作ると毎回違う味になりしかも材料の味が
ストレートに出るので飽きの来ない味になります。

ja12.jpg

いつも通りまず、スタータースパイスから始めます。

ja700.jpg


今回は有頭エビ、鯛の白子、タコ、イカ、白身魚
それにカニ爪などを用意しました。
ja8.jpg ja10.jpg ja9.jpg


カニ爪にエビのすり身をまとわせて揚げると「麺包蟹手」という
高級宴席料理になりますが今回は魚のすり身に加えて
甘エビの脱皮エビを皮ごとミンチにしたものを加えます。

甘エビの皮をむいてすり身にすると白い色になるところが
皮の内側の赤い色素(ビタミン豊富、抗酸化作用)を混ぜる事で
風味と色合いがぐっと良くなります。
ただし、脱皮直後の柔らかな時期しか仕込めません。

ja13.jpg


これらを上具とし、ベースは玉ねぎなどで塩タレ清湯でご用意しました。
珍しい長崎のマテ貝も身とダシも加えます。

ja17.jpg

例によって黄色い色が丼やレンゲに染み着くことを嫌って
ターメリックは入れませんので黄色くはありません。
パプリカパウダーを多めに加えてやや赤味っぽく仕上げました。

ja5.jpg

画像中央の赤いのはパレルモと言い甘長唐辛子の仲間で
全く辛味はなく、生食の出来る西洋野菜です。
怖くありませんのでご安心の上お召し上がりください。

さて、前回の「こむらさき」の特別配合の続きで
今回はデュラム小麦を混ぜました。
これはパスタなどで多用される硬質小麦でセモリナ粉という
粗挽き粉が有名ですね。

ja15.jpg

そこへ、口当たりがよくなるようにと昆布の微粉末も
加えました。
ひとえにカレーにマッチさせたいが為とはいえ
その効果は?と言えばまだよく解らないというのが
正直なところです。

ja6.jpg

中細麺に切り出しました。

どうか率直なご感想などお聞かせいただければ幸いです。

ja1.jpg

これまた恒例通り「小辛」でのご提供となります。
別添えに今回は青唐辛子を加えた「カレーラー油」を
ご用意しました。

ja2.jpg

皆さま青唐辛子より赤い方が辛いとお思いでしょうが
実は完熟青唐辛子の方が辛いのです。

ja7.jpg

その中でも画像のような軸に近いほど辛味は強くなります。
どうかご用心の上少量づつ加えてその辛味の変化を
お楽しみください。

もちろん、ラー油のお代わりもOK。

期間限定「シーフードカレーラーメン」  950円
土日祝を除く平日のみ、昼夜OK
麵の追加一玉 200円

ja4.jpg

明日8/23(木)よりのスタートとし、
仕込んだ分が無くなり次第終了とさせていただきます。