12月
今年もいよいよこのひと月を残すのみとなりました。
この一年、沢山のお客様に限定メニューをお召し上がりいただき
誠にありがとうございます。

もっともっとラーメンの枠を広げて行きたい、 との
思いで続けている事にご理解とご賛同を賜って頂けることと
心からの感謝を申し上げます。

さて年末は混雑致しますから例年、上旬で限定メニューは終了
となります。
ですから今回が今年最後の登場。
感謝の気持ちを込めて「牡蠣味噌」を仕込みました。

味噌スープの中に牡蠣が入っているのじゃありません。
牡蠣を粉砕して味噌と合わせじっくりと火を通し
ic78.jpg

煮詰めた「牡蠣味噌」の事つまり、牡蠣ペーストと言う訳です。
id1.jpg

しっかりと加熱をして旨みを凝縮させるテクニックです。

安全と美味の両立。
料理の究極課題ですね。

下仁田ネギと鶏モモ肉をじっくりと炒めてスープを注ぎ
牡蠣味噌を溶いて仕上げます。
id7.jpg

この濃厚牡蠣スープには多加水麺が良く似合います。
手打ちならではのコシとスープのマッチングを
お楽しみください。
id8.jpg



期間限定「牡蠣味噌のラーメン」
12/1(金)よりのスタート  900円
土日祝を除く平日のみ、 昼夜OK
麵の追加一玉       200円
上旬で終了
id5.jpg


牡蠣味噌はお茶漬けにしても美味しく頂けます。
というか
ご飯に合うのものはおおむね麺にも相性がよろしいようで
お茶漬けで牡蠣味噌を使うとより牡蠣の風味を感じます。

そこで当店では異例のことではありますが、
ラーメンを食べ終わって残ったスープを無駄にしてほしくない
との思いで「追い飯」(おいめし)を実施いたします。

「追い飯」とご注文いただければお持ちします。
もちろん無料。
ご注文なき場合、勝手にはお出ししません。

小ぶりの茶碗に少なめのご飯。
ここに残った牡蠣味噌スープを掛けて
味噌味の牡蠣雑炊のようにお召し上がりください。
id4.jpg id3.jpg


id2.jpg


逆にご飯をラーメン丼に投入するのはお勧めできません。
味の調節が不可能だからです。

どうぞお試しください。




俺たちの明日エレカシ


スポンサーサイト

ic55.jpg

何度目かの「和風ラーメン」の登場です。
今回はカツオダシをメインにして
カサゴの焼き干しなどの材をいくつか混合しました。

ic59.jpg

いかにも”和風”といった出来上がりです。
この組み合わせにすることで今後の展開が楽しみになります。

ic53.jpg


麺は細麺。

ic50.jpg

厚めに切った細巻きチャーシューなどはお馴染みですね。

ic52.jpg

こちらは「おかわかめ」という珍しい野菜で栄養満点だとか
食感はまるでワカメそのもの。
美味しい夏野菜で今後が期待できます。

エイのヒレと下仁田ネギの炒めもの。
軟骨の軽やかなポリポリとした食感はメンマ替わりとして
お楽しみください。
ic51.jpg

本日11/15(水)よりのスタート
土日祝を除く平日のみ、 昼夜OK
「和風ラーメン」  850円 
麵の追加一玉   200円
ic56.jpg





オックステール(牛の尾)と聞くと馴染みのない方にはなんだか
ステーキなどより格下のように感じる方もいるかも知れません。

これは肉食文化の浅い日本人には仕方のない事です。
今では大人気の牛タンですらかつてはそのように見られていたんですから。

歴史の長い欧米ではすね肉、テールを赤ワインで煮込んだものは
誰もが認めるご馳走なのです。

さて、その調理をお見せしましょう。
関節で切り分けます。
関節は軟骨でくっついていますからそこにペティナイフを
差し込んで切り離します。
ic46.jpg ic45.jpg

見た目は意外と脂がついていますね。
テールやすね肉がシチューに適していると言われるのが
硬いからという一般的な理由だけじゃありません。
この脂の質が重要なんです。

豚でも牛でもその脂は全体に同一じゃありません。
内臓周りやこれらの部位の脂は比較的軽いのです。

だからいわゆる通常の食肉部位を使ったシチューより
濃厚でありながら淡白でしつこくない仕上がりに出来るのです。
これを食通は喜ぶ   と言う訳です。
決してステーキなどより格下じゃありません。

ですが泣き所もあります。
骨の周りにしか肉はありませんから
大量に用意しようとすると肉が少なくなってしまいます。

そこで大量に用意できて、しかも上記のような特色を持つ
部位の「すじ肉」を用意しました。

たっぷりの赤ワインでライトに仕上げます。

これを塩ラーメンに乗せます。

ic44.jpg

でもそのまま乗せても麺の下に潜り込んでしまったんじゃ
困ります。

そこで座布団を用意しました。
バジルエッグです。
ic43.jpg

これを柔らかく焼いて乗せます。

ただし、黄身が流れ出て味を壊すような生じゃありません。
そこへシチューを乗せます。

『え”~??  ラーメンにシチュー??』
と感じる方もいるでしょう。
でも欧米人などの粉食文化圏の人達は
シチューをパンで食べます。

粉食の麺が合わないはずがありません。

ic42.jpg

それが証拠にもうひとつの粉食文化圏ともいえる
トルティーヤをお付けします。
ic39.jpg

これはトウモロコシの粉が原料。
おもに中米方面の代表的な主食の粉モンです。

これもまたシチューによく合います。

ic35.jpg

麺は細麺
コシの強い麺は万能です。

ic37.jpg

期間限定「テールシチューの塩ラーメン」
土日祝を除く平日のみ、 昼夜OK
900円
麵の追加一玉 200円

仕込んだ分が無くなり次第終了です。
11/6(月)よりのスタート

ic40.jpg