今回は山形県の中でも一番富山県に近い鶴岡を
訪問してきました。
鶴岡といえば馴染みがないという方でも庄内地方と言えば
聞いたことがあるでしょうか?

かつては鶴岡県となっていた時期もあるなど山形県には
複雑な歴史があります。
なかでも三方領地替えなどはその特異さから小説の題材にまでなっています。

豊かな庄内平野と豊富な海の幸に恵まれた鶴岡の方々が
支持するラーメンとはいったいどんなものなのか?

まずは一食目
青竹打ち「よこみち」さんです。
hk44.jpg

こちらは先代のお父さんが佐野で手打ちを学んで開いたお店
現在は息子さんとお母さんで切り盛りされていました。
メニュー
hk14.jpg


山形県は「ワンタンメン」の人気が高く名店が揃っています。
生地は麺とよく似たタイプですが薄くてしっかりしているので
麺との重複感は感じないツルリとした美味しい皮です。
hk12.jpg

hk10.jpg

具も大きすぎず味付けもあっさりとしていて流石に
長年にわたり完成された技というものを感じさせてくれます。
hk13.jpg


麺は中力粉が多めですがしっかりとコシのある
(つまり柔らかめなのにコシの強い麺)
やや太めの素晴らしく美味しい麺です。
口元でプルンと跳ねるような食感が実に心地よい。
hk11.jpg


スープはアゴのような魚介系をまとった鶏ガラ味
すっきりとしたクセの無い味わいです。
麺の量は180g程度でしょうか。

スルッと完食でした。

青竹打ちで手で伸ばし、手で切る純手打ちです。

そうなると粉は中力粉主体で作る訳ですが、
以前に佐野市に長期出張したという方に伺った所
佐野ラーメンは「麺が柔らかめ」という話とはずいぶん
様子が違います。

親子二代で技を磨き上げた結果なのでしょう。
美味しく頂き勉強させてもらいました。
ありがとうございます、ご馳走様でした。

カラーボトルのインディーズ時代の名曲「あぜ道」

僕等あぜ道を あぜ道を選ぶように
今を抱き寄せて 抱きしめて 生き抜きたい



... 続きを読む
スポンサーサイト
山形県がラーメン王国なのは意外に知られていません。
「え?北海道じゃないの?」と聞き返されることもしばしばです。

県民一人当たりのお店の数
自家製麺率
等々その全国一の要素を数え上げたらきりがありませんが
名実ともに王国の名にふさわしい内容です。

でも、
そんなデータは実食する人にとってはあまり関係ない話です。
私が『凄い』とうなるのはその一杯の麺の量。
なんと一玉が200gはザラ、中には300gというツワモノのお店
まであるというのです。

当店にご来店された山形ナンバーのお客様に伺うと
「とても量の多い所もあるから気を付けなさい」との事
そんな話聞いたことあります?

もちろんそれだけの量をつけるのにはちゃんとした理由があり、
その量を支えるスープにもそうならせる必然があり
そのトータルの結果自家製麺という自然な結論が出てきている訳です。

それに、量を多く食べさせる  という事はなにより
”美味しい麺”であることが大前提であることは当然です。

ラーメン店を営む私としては何が何でも一度は行かずにはおられません。

そんな王国をご紹介するにあたりまずは絶対外せないという
一軒があります。
琴平荘(こんぴらそう)という超繁盛店です。
でも残念ながらここでは食べられません。

こちらは10月からラーメン店としての営業が始まり春には
旅館として営業形態が変更されます。
普段は旅館で冬季のみラーメン店なのです。

hk28.jpg

その繁盛ぶりというのがすさまじく、
一階の大広間を埋め尽くした客が一斉にラーメンをすするという
光景を想像するだけでも恐ろしいものがあります。

なんと昼のみの営業で一日に500杯を販売するというのです。

なぜ、旅館でラーメンを出すようになったのかというと
海辺の辺鄙な立地という事が原因だったというのです。
(お店のHPで自ら”辺鄙な立地”と表記されています)

山形には月山や蔵王などの有名なスキー場がありますから
山の冬場はスキー客があるでしょうが、それも望めない辺鄙な
海沿いの冬と言うのは閑古鳥が鳴く宿だったと言う訳です。

それでなくとも磯釣りのメッカ「庄内釣り」の本場の岩礁地帯。
hk55.jpg hk50.jpg hk47.jpg

北風が吹きすさび、波が道路までたたきつける冬では
釣り客ですらまばらなのでしょう。
hk52.jpg


ご主人が一念発起して麺打ちを始めた頃には口の悪い人から
「麺は酒田、鶴岡は麦切りだろ?」と揶揄されたというのです。

麦切りというのは庄内地方に伝わるうどんのような麺の事で
「酒田地方の手打ち中華麺には及ばないだろう」
といったようなニュアンスです。

hk60.jpg

ご主人、そんな悪口にもめげずに頑張り続け
今の超繁忙店に育て上げたという生ける伝説店なのです。

今回は9月訪問ということでここには行けませんでしたが
いつか機会を得てその光景だけでも見てみたいものです。

実食は青竹打ちの名店「よこみち」さんと
シルク麺の名店「久太」さんのお弟子さんが営む
「温もり中華銀河」さんへとお邪魔して勉強させていただきました。

どちらも”鶴岡は麦切り”などと揶揄することなど
もってのほか(赤菊に掛けている)という位素晴らしい麺でした。


b