富山県高岡市の高岡農業組合さんが
やってくれました。
高岡市では今まで米栽培に偏り過ぎてきたという反省を踏まえて
地場野菜栽培に力を入れています。

なかでも里芋は天然海藻の成分を活用して「アルギット栽培」という
手法で美味しいものがあるんです。
fa-44.jpg

これで作られた焼酎がこちらです。
fa-40.jpg

fa-41.jpg

「高岡そだち」というネーミングは農業組合さんらしいですね。
この黄金色のパッケージは雨晴海岸の冬の風物詩
「気嵐し」  けあらし
(極低温の夜明けに海から沸き立つ水蒸気に朝日が燃えたつようなさま)
を表現しているのでしょう。
amaharasi 029

芋焼酎といえば鹿児島のさつまいもが有名ですが
本場には沢山の蔵があるとはいえ味や風味はほぼ似通っています。

でも焼酎でくくるとこの狭い日本でも実に多彩なものがあります。
麦や胡麻焼酎に始まりスダチなど様々なものから作られています。
でも今まで飲んだ中で「おっこれは全然違う!旨い!」と
思ったのが奄美大島の「黒糖焼酎」です。

こちらで求めたのではなく地元の方から頂いたものです。
ですから本当に旨いと思ったのはその一本だけで
こちらで買い求めてもその味とは全く異なっているのです。

この「高岡そだち」を飲んでまず、その黒糖焼酎の味わいを思い出しました。
さつま芋とは香りこそ近いもののふた味も違います。

ストレートで飲みます。
とろりとした、きつくないアルコールが舌の上で
まるで雨上がりの朝、木の葉の上に水滴が丸くとどまっているように
まんまるにまとまるような感じでするっと喉を滑り落ちていくのです。

これは旨いお酒です。

驚きました!

次にボトルごと冷やしてそのままストレートで飲みます。
これは冷えた分だけキリリとして次にトロリと甘く変化します。
これはいい酒ですね!

次に氷を入れてロックで
最後は水割りで飲みました。

水割りにしても甘さを感じます。
日本酒の甘さとも違うあくまでも良質の酒だけが持つ
角の取れた柔らかな甘味です。

鹿児島で言えばプレミアム焼酎の名も高い「魔王」
黒糖焼酎で言えばかなり高価な部類に匹敵する名酒です。
間違いありません!

気嵐のラベルに負けない威風さえ感じる飲み口です。

ニッカの「竹鶴」をグラスについで揺らし灯りに透かしてみます。
fa-35.jpg

fa-36.jpg

次に「高岡そだち」を
fa-37.jpg

アルコール度数の違いを考慮してみてもいかに
練度の高い優れた酒であるかがひと目で判ります。

口に含んだ印象も竹鶴に近いものを感じさせてくれます。
スモーキーフレーバーと芋の風味こそ違えどです。

これをウイスキーの空樽に詰めると恐ろしいほどの名酒に
なるであろうことが私にも簡単に想像できます。
それをお願いしたいくらいですね。


何はともあれこの素晴らしい焼酎の誕生に祝杯をあげることとし、
本格的な販売開始をいまから待ちわびましょう。
もしかしたら
高岡発の新プレミア焼酎の誕生となるのかも知れません。
それだけの実力を確かに持っています。
fa-39.jpg
fa-38.jpg



スポンサーサイト
2014.02.12 ヒレ酒
ヒレ酒と聞くと真っ先に「フグのヒレ酒」と連想しますが、
大抵の魚がヒレ酒に出来るのだそうです。

ではどこのヒレがいいのか?
胸ヒレ、腹ヒレ、尻ビレ、背ビレ、尾ビレ

一部の魚には油ビレなどと言う部位まであります。

全ての魚種、すべての部位を試したいほどですが
それでは体を壊してしまいそうですから
今、手に入る魚種で試してみました。

まず、第一回目は冬の日本海を代表する「天然寒ブリ」
これを一匹買うと数万円しますが、
ヒレだけだと懇意にしている魚屋さんでタダで分けてもらえます(笑)

「え! ヒレ?」
と大いにいぶかしげな顔をするので説明をすると
「あぁ それは美味しいらしいよ」

ますますその気にさせられるじゃありませんか。

さて、ハサミで切り取ったヒレを見ると
今まで気にも留めずにいたことが悔やまれるほど立派で
何やら工芸品でも見るような気になります。
自然の造形美というやつですな。

d-2.jpg


とはいえ口に入れると思うからそんな気になるのであって
全く食い気というやつはその気になるとなんでも
旨そうに見せる魔法です。

これを乾燥させます。
乾いたら乾燥剤を同封して保存

焦がさないようにこんがりとあぶります。
お燗を熱めにつけてヒレを投入。

d-1.jpg

ジュッ
と音が立ちます。

最初は香ばしい香りが来ます。
次になんともいえない旨みが来ます。

なんでしょうか これは
脂でもない、かといって魚くさい風味でもない
ヒレのゼラチン質の醸す旨み とでも表現すれば
いいのでしょうか?

美味しい酒になります。

あっと言う間に一本が空いてしまいました。

もう一本お燗をつける時に
酒の中にヒレをいれたまま温めます。

f-10.jpg


いわゆる二番だしを取るときと同じ要領ですね。

色が薄黄色に染まりました。
二番酒でも濃厚なヒレの旨みが出ています。

これはやばいです。
飲みすぎます。

こりゃ他の魚種でも試さないといけませんね。
困ったことです。

いえ一応言ってみてるだけで
本当は当然喜んでいるんですが、、。


みどり共同購入会のYさんが
「万里のラーメンのような酒があるよ」と言います。
なんの事かと聞くと

飲み始めはとても違和感があり
酸っぱくて、まずいとさえ思うが
一本飲み終る頃にはすっかりトリコになり他の酒じゃ
物足りなくなってしまうほど旨いと感じるようになる

のだそうです。

『そうか最初はウチのラーメンもそうでしたか』
とにんまりします。
それで結構です。
ありがたいお褒めと受け取りましょう。

この酒
五人娘といいます。
作り方、仕込み方は色々あるでしょうが
詳しくは知りませんので省きましょう。

tuz 051

ですからラーメンの話にかぶせて語ることに致します。

いわゆる「通」の人はまずスープを一口含み
「コクと旨味が・・」
とTVでは紋切口調で語ります。

コクは砂糖
旨味は味の素なんですよ
と通の人に種明かしすると
そんなバカなと気を悪くします。

これと同じ事が酒にも言えるんです。
度数は糖度が関係しているそうでして
おまけにアルコールを添加することで飲み口を
いかようにも調節できるのだそうです。

それで、
大きな蔵はそれこそ全国の小さな蔵の酒を桶買いして
自社ブランドの味を整えて販売しているのだそうです。

五人娘の味は確かに
想像を超えるまずさでした。
クセが強いとも言えます。
嫌味要素満載の味です。

産まれたばかりの乳児に砂糖水をなめさせると
もっと欲しいという仕草をし、
酢をなめさせると顔をしかめて横を向くそうです。
ヒトは甘いものを好むんです。
しかし、長じるにつれ色々な味覚を覚え五味になじみます。

この中で酸味、苦味、渋味、アク味などの本来ヒトが嫌う要素を出来るだけ排除した味が
一般に好まれます。
それはひたすら甘いものということになります。

酒でいうなら甘口
ラーメンで言えば砂糖と味の素がどっさり入った一杯

甘味というのは長いヒトの歴史の中では
本来、果物のことだったそうでして
トンカツや焼肉などをたらふく食べた後に無性に甘い物が
欲しくなるのは不足するビタミンを体が求めているサイン
なのだといいます。

果物を食べて栄養バランスを取って~
 とシグナルを発していると言うわけですね。
ところが現代では甘味=砂糖となってしまっていて
アイスクリームや菓子などで応えています。

そうした繰り返しでどんどん甘いものばかり増え続け
とうとう「甘いものでなければ美味しくない」
という味覚に慣らされて来ているようです。

自分もその一人です。
かつて、ある名酒の誉れ高い一杯を飲んだときに
『これは腐ってる』と
あまりの不味さに顔をしかめた事があります。

今回、五人娘を飲みその時の感想を思い出しました。
10数年経ち味覚が変化したのでしょう
ようやくこの旨さが判りました。

酸味、渋味、えぐみの下にどっしりとした旨味が隠れていたんです。
なるほどこれはヤバイ
今まで辛口と思っていた酒がただの甘口に感じられます。
いえ、薄っぺらにさえ思えます。
これは確かに一杯や二杯だけ飲んでいたのでは到底判らなかった味でしょう。

ウチのラーメンをこの名酒と並べるのは気後れがしますが
甘味旨味を増強しないで自然にゆだねると同じ事が起こる
と言うのは不思議な気がします。

甘味旨味の強すぎる酒に馴染んだ舌にはこの酒は
確かに不味く感じるはずです。
同様にウチのラーメンを嫌いだと言う方も大勢いらっしゃいます。

どちらも在り得ないはずの嫌味要素満載だからです。

それを無添加といいます。
好かれようと特別なことをしているわけではありません。
あるがままに
嫌味要素”も”そこには在ります。

tuz 047

qbe 035











鹿児島の芋焼酎を飲み始めて30年以上になります。
きっかけは船員の時。
タンカーには特殊事情がありまして、その他の船種よりやたら航海日数が長い事と僻地が多い事が挙げられます。

例えば鹿児島の喜入石油基地から出港してイランで原油を積み、また鹿児島に帰港するという予定だったとします。
その間のお酒は各自自分が欲しい量をあらかじめ自己申告して積み込んでもらうのです。
ウィスキーなら○×を10本
日本酒なら△■を20本 などというようにです。
リストが回ってきますからそれに記入するだけになっています。
もちろん、外国航路ですから免税でとても安く買えます。お日様

それが、途中で荷揚げ地の変更などがあったりすると大変なことになるのです。
その時はたしか中米のキュラソーだったでしょうか?
日本へ帰港するよりはるかに長くなったのです。
船の中でお酒が無くなる者が続出しました。

もちろん、こんな事や僻地で思うように酒が仕入れられない場合も考慮して多目に用意してあったのが無くなったのです。
大変です!そこは大海原の真っ只中なんです。
コンビニなんか洋上にはありませんから。

その時船内で唯一多目に手持ちしていたのが鹿児島出身のKさん。
芋焼酎を数十本まだ温存していたのです。
(イッタイ ドレダケ カッテタノ??)
分けてもらいました。
しかし、臭くて呑めない!ウゲロくま・泣く
そこでKさんがレモンを絞り、氷水で割って飲みなさいと教えてくれたのです。

それから数十年レパートリーのひとつとして呑み続けています。

ところが数年前の焼酎ブームの時のことです。
どうせ遅れてきた人たちのブームだと冷ややかに見ていた私に某店主が
「プレミア焼酎の魔王って飲んだ事ありますか?」 と
一杯だけ勧めてくれたのです。

驚きました!!

甘いのです!
なんという美酒!
一杯でハマッてしまいました。(◇■◇)
ところが大問題があります。
720mlの小瓶で7,000円もするのです。(その当時)ぐすんs

でも、我慢出来ずに2回ほど買いました。
しかし、続きません。
プレミア価格とはダテじゃありませんね。

ある日、いつもの焼酎と純米酒を見つめているうちにふと思いついて
混ぜて見ました。

「あ!  この味!」

魔王の味に非常に近いのです!
それが同じか違うのかはもう問題じゃありません。
作れる というだけで充分です。
なーんだ と思った瞬間  呪縛から解き放たれました。

先日、鹿児島に帰った時の事 義兄に魔王を呑んだ事があるか を尋ねました。
「そんな高いのは呑んだ事が無い」
「あれはね~~~~~」と伝えると
「え”~~っ  そんな事やってんのか!」  ってお義兄さん

ちょっと落ち着いて!やってるのは私! 
蔵元がやってるとは言ってません ってば!  と皆で大笑いしました。

思えば今のような全国区ではなかったあの頃、芋焼酎は本当に安かった。
船では1.8Lが500円くらいでした。
本当に昔話になってしまいました。

最近は混ぜないでおとなしく呑んでます。
「混ぜるな危険」
ノミスギマス







ooyama 041あの大地震のあった山古志村の棚田でできた
お米で作ったお酒です。

酒蔵は長岡のお福酒造
確か地震の時には倉庫が倒壊して
沢山の酒瓶が割れたところですね。

大人気のようでなかなか手に入らないと聞きましたが
いつものリカー小林さんに入荷しているのを発見!

しっかりとした味です。
きれいな味わい。
山古志村の水もこんなきれいな水なんでしょうね。

あの崩れた斜面に田んぼを再建するだけでも大変だったと思います。
それでもこんなに美味しいお酒にしてもらえて農家さんも苦労のし甲斐があったのかな?

ただ飲むだけでは申し訳ない気がしてグラスを捧げてしまいました。
お福酒造は「お福正宗」が超有名な蔵です。
一度雑誌の応募で当選して大吟醸をもらったことがあります。
美味しいお酒を造る蔵ですが地震から復活してたんですね。

ooyama 042 ooyama 043 ooyama 044

呑む復興支援 と言い訳しながら飲んでます。
そろそろ氷見の棚田の雪も解けてきた頃でしょうか?
様子を見に行かねば。






私はご飯が大好きなのですが、お米つながりというわけで「日本酒」も大好きなのです。
特に無添加食生活を続けるうちに「純米酒」しか飲まなくなりました。
富山県は米どころなので美味しい日本酒も沢山あります。

20070801164155.jpg 20070801164226.jpg 20070801164249.jpg

今日は私のいきつけの「リカー小林」さんおすすめの一品をご紹介させていただきます。(tel 076-423-1956)
リカー小林さんには富山だけでなく全国のおいしい地酒が沢山あっていつも目移りして困るのですがここでは富山県のしかも純米酒だけを取り上げてまいります。

「苗加屋」(のうかや)砺波市の若鶴酒造さんのこだわり銘柄です。
冷蔵設備の不備なお店、居酒屋には卸してくれないそうです。

純米吟醸 無ろ過生詰原酒 日本酒度+5 度数17.0以上18.0未満
山田錦100% 杜氏 新潟県越路町出身 米山 弘氏 720ml入り

実は美味しい地酒に一番敏感に反応するのは東京なのです。
これも例外にもれず東京で人気がでてから地元でも人気が出始めた銘柄です。
今まで富山には淡麗辛口が主流だったのをこのお酒が「うまくち」という新しい流れをつくったのです。
おいしいですよ!

私はここでお酒をご希望の方に販売と言う形をとりますが一切利益を得ない方針でいきます。
美味しい魚と一緒に楽しんでいただければ本望だからです。
ですが、初回から困ったことに店内の売値が1,496円。

端数があるとクロネコさんも大変でしょうから1,500円にて取り次がせていただきます。
クロネコヤマトのクール便にて。


トップに戻る