ロコモティブとは機関車の事です。
機関車症候群? と聞くと意味不明ですね。
これは足腰が弱り介助を受けなければ生活できない状態を
指します。

簡単にできるロコモチエックがあります。
・片足立ちで靴下がはけない
・家の中でつまづく
・階段を手すりに頼る
・横断歩道を青信号で渡りきれない
・15分間歩き続けられない
・2Kg程度の荷物を(買い物)持ち歩けない
・家事で掃除機をかけたり、
           布団の上げ下ろしなどが出来ない

以上7項目のうちひとつでも該当すればもうそれなんだそうです。
なんだかメタボ騒動のような胡散臭い感じがしないでもありませんが、
足腰の強化維持はすこやかな暮らしを続ける為にも必要です。
せっせと歩いて足腰を鍛えたいものですね。


ところで下肢静脈瘤というのをご存知でしょうか?
下肢、ふくらはぎの血管にできるコブのことです。
妊娠、加齢、立ち仕事、遺伝などの諸理由から起こりますが、
人間が二足歩行を始めた時からの宿命ともいえるものです。

成人の6割にみられるそうですが、これ自体は決して危険ではありません。
よほどの事でもない限り手術を施す必要はありませんと
専門医も書いておられます。
ちなみに、椅子に座る生活様式の欧米人は日本人よりも
発生率は高いそうです。

危険なのが深部静脈血栓症と呼ばれるものです。
これはふくらはぎの内奥部にできるもので肺塞栓症を
起します。
血栓が剥がれて血流に乗り肺や心臓に達しショックを起すものです。
よく知られているのが
エコノミークラス症候群。
狭い飛行機や軽自動車の座席に長時間足を動かさずに
座っていると危険性がグッと高まります。

足を組みなおしたり、つま先を動かしたり、水分の補給をこまめに行なう、ゆったりとした服装。
などで予防を心掛けることが出来ます。

ここに今回の眼目があるのです。

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれています。
血液は動脈で全身に運ばれますが、静脈の流れにはもう心臓
の働きは影響していません。
静脈の血流は呼吸する事で促進されているのですが、特に
足では筋肉の働き(筋ポンプ作用)が非常に重要です。

ふくらはぎの筋肉は歩いたり、足踏みしたりすることで
ギュッギュッと動き、内部の血管を圧迫することで血液を
心臓に送るのです。

私たちが普段何気なく「足腰」と口にする、その重要部分
は というとふくらはぎだったんです。

普通の下肢静脈瘤だけならあまり危険は無いと書きましたが
今回のような大震災ほどでなくとも大きな事故などに遭遇し、
どこかに避難するということが起きた時。
実は案外なトラブルに発展する事もある
ということを知っておいていただきたいのです。
これはご本人のみならず、その周囲の人も含めてです。

日本人は周囲の人を気遣いすぎ、
(もちろん美徳には違いなく、それはそれとして)
水を飲むとトイレが近くなるからと水分補給を控える人が
多いのです。

そうすると

静脈瘤があるということはそこには粘り気のある血流が
溜まりやすいということでもあります。
(うっ滞と言います)
普段の生活ー歩いたり、階段を昇ったりーなら無問題でも
周囲に気兼ねして無理やりじっとしていると
これは狭い飛行機の座席に長時間座っているのと全く同条件
になります。

下肢静脈瘤からただちに肺塞栓症になるということは
ほとんど無いといいますが、被災時には要注意
ということなのです。

昼には出来るだけ歩き回る
座っている時にはふくらはぎをマッサージする
ヒザの裏をさする、もむ
寝転がっている時にはつま先の上下運動
水分補給

などといった事を心掛けて欲しいのです。
動けない人を介助をする方もどうかそういう事を加えて
欲しいと切に願います。

災害から命からがら逃れて避難所にたどり着きながら
避難所の中で命を失う多くの人が肺塞栓症だといいます。
ふくらはぎをマッサージするだけで命が助かるなんて簡単じゃ
ないですか。

これも簡単にできるロコモケアと言えるでしょう。

もちろん被災時でなくとも普段から可愛がってあげてください
静かな働き者の”ふくらはぎ君”を









スポンサーサイト
ネットの状態が悪くて更新が遅れました。

塩水に漬かってしまった田園風景を見るたびになんとか巨大な
ポンプで汲み出せないものかと地団駄を踏んでいます。

今回は表題の趣旨で話を進めていきますが、
参考文献をご紹介しておきましょう。

tul 005


進士 徹(しんし・とおる)著
「まさか!のときの生き残り塾」 家の光協会出版
NPO法人あぶくまNSネット理事長
福島県ツーリズムガイド連絡協議会会長 

御無事でおられるのでしょうか?  心配なところです。
でも、例え微力でも誰かの役に立てればそれは、
著者の意向にも沿うものと判断して引用と私の知識とを
織り交ぜて書いていきます。

今現在、無事でお過ごしの方でこういう本が欲しいという方
にはぜひお奨め致します。
 ~~~~~~~~~~ 

アウトドアに興味が無かったという方や炊事をした事が無い
という人にはご飯を炊くということは大変だろうと思われます。

そこの一から始めましょう。
米の力を、強いては日本人の構造は何で出来ているかを
見直すヒントになればとのやむにやまれぬ思いからです。

なぜなら私は”ご飯の味方”だから
美味しいご飯こそが日本を再生してくれるキーだと希望を
見出しているからです
ご飯再発見・・大歓迎。

まず。米をグラスなどで計ります。
炊く時のきれいな水はこの時の米の量と同じです。
同体積がコツです。
最初に米の量を測った時と同じ容器で同じ量の水
まず、これを覚えて置いてください。

米は水で洗うだけで充分です。
もちろん洗剤なんか要りません。
手でごしごし洗うと米ぬかで濁ります。
濁り水をいったん流しますが、大切な米も流してしまわないようにそっと手で押さえながら行ないます。

見たことがある光景のはずです。
大丈夫です。
ほらもう貴方も同じ作業をしているのですよ。

洗い水がそこそこきれいになったらよく水を切り、
キレイな水を最初に書いたとおりの分量を入れて炊き始めましょう。
こうして炊くと土鍋でもヤカンでもキッチンポットでも
耐熱容器であれば何ででもご飯が炊けます。

ここで本から引用をしましょう。
350mlの缶を利用した方法です。

缶の上を切り取り米を一合(180ml)入れる
水を入れて一分間ほど箸でグルグル混ぜてとぎ、
とぎ汁を捨てる。

水を入れる
人差し指を入れると第二関節まで浸かるくらいが目安

新聞紙を小さく畳んで水で濡らしてフタとし、
小石を乗せて重しにする。

      引用ここまで

聞いた事がおありのはずです。
始めチョロチョロ 中パッパ 赤子泣いてもフタ取るな

これはかまどでご飯を炊くときの要領を詠んだものです。
焚き火であれ、炭火であれ、ガスであれ同じです。

水が沸くまではじっくり火を強めていき、
沸いたら火力を維持、
湯気が出なくなったら火力を弱めます。
炭火でしたら火元からやや遠ざけます。

中から「パリ パリッ」というような音がしたら火から下ろします。

これで米が
「煮えた状態」です。
ここで食べると芯が残っています。
10分程度蒸らすと美味しいご飯に炊けています。

飢えを凌ぐだけなら少々硬かろうが柔らかかろうが構わないでしょう。
でも、美味しく炊けたご飯というのは元気をくれます。
あの小さな米粒一杯に元気が詰まっているからです。
長い間日本人はそうしてご飯とともに生きてきたのです。


美味しく炊けたご飯を誰かに食べさせた時に
「美味しい」と言ってもらえば
その元気は貴方にも生きる力となりお返しが返ってくるはずです。
元気を分かち合ってください。
笑顔が幸せです。

ご飯を炊くというその行為自体は
平時ならなんでもない営みです。
でも非常時にはそれは他者を救う力となります。
出来る事なら老若男女全員が本来学ぶべき仕事なのです。
そうして助け合わなければ私達は決して一人だけじゃ生きてはいけないからです。


いまだままならない生活を強いられている方々の一日も早い復活を祈ります。
田園の塩水をたたえた風景に耐えがたい想いを寄せて
がんばろう日本  




  






このたびの悲惨な現状を知るにつれ少しでも
お役に立てる事はないかと身もだえする思いで毎日を過ごし
ていました。

そこで今日からは慣れない野外調理にたずさわる人のために
基本的な知恵などを書いて行こうと思います。

(焚き火)
湿った地面にいきなり木を置いて火をつけようとしても
なかなか点きません。
新聞紙などの紙を敷き、真ん中に紙を丸めて置き、
両端に木を置きます。
その上に木を置いてから下の丸めた紙に点火。

紙がなかったらそれに準じるもので代用してください。
点火するときは風上から。
煙が人の居るほうに向かわないように気をつけてください。

(空き缶)
空き缶は大変重宝します。集めておけば役立ちます。
大きな缶は焚き火の終った焚き木を燃えた方を下にして
立てて入れておけば自然に消えます。

次回の焚き火に使うと点火が楽に行なえます。
また、火が終わり熾火(おきび、赤く燃えた炭状のもの)に
なったら空き缶に移してできればフタをしておきます。
そうして酸素を奪った熾火は消し炭(けしずみ)と呼ばれます。

硬い木炭と違い柔らかなので紙などで引火がしやすい炭です。
煙やススが出なく、火起こしがすぐに出来るので室内での
調理や特に朝の調理に大活躍します。

湯を沸かしたり、パンや餅、または冷えて硬くなった
おにぎりなど温めるのに最適です。

基本は焚き火は屋外、調理は屋内です。
ですから廃材などがふんだんにあるところでは暖をとりつつ
熾火を収集するのがまず第一。

そして調理は消炭で屋内で・ がその次となります。
そうすれば鍋やかん類の底がススで真っ黒になるという事も
起こりません。

火を持つには金属棒を二つ折りにして行ないます。
簡易ゴミ挟みとイメージしてください。
灰も役立ちます。
捨てないで採って置きましょう。
穴を掘っただけの簡易トイレの後始末に灰をかけるのです。

くれぐれもヤケドにご注意をお願いします。
必ず救援は来ますからそれまで体力を保持して頑張ってください。

次回は空き缶でご飯を炊くコツをご紹介します。